Verne Global、アイスランドのDC拡張で2700万ドルを調達

アイスランド発のデータセンターニュース

既存の投資家から

ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)データセンターを提供するVerne Globalは、アイスランドのキャンパスを拡張するために2700万ドルを調達しました。

既存の投資家であるWellcome Trust、Novator Partners、Stefnir、General Catalystらがこのラウンドに参加しました。

アイスランドのスーパーコンピューティング

– shutterstock

「既存顧客・潜在顧客それぞれからのハイパフォーマンス・コンピューティング・ソリューションに対する強い需要に突き動かされ、今回の拡張に至った事を嬉しく思う。」と、Verne CEO Dominic Ward氏は述べています。

同社は、2012年にケプラビークの旧NATO基地改造キャンパスからスタートし、すぐにBMW、RMS、CCP Games、Datapipe、Colt、RVX Studiosなどの企業を誘致しました。

2015年には、ホールセール及びコロケーションサービスの提供を拡大するために9800万ドルを調達しました。2年後には、hpcDirectとして知られる、HPC-as-a-Serviceの提供を展開し、更には製造業界(具体的には自動車製造業)、ライフサイエンス業界、金融サービス企業をターゲットとすると述べていました。

その後まもなく、Verneは、ドイツのニューラルネットワークベースの翻訳会社 DeepL をサポートするため、5.1ペタフロップスのHPCシステムを導入しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら