• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

シンガポールのデータセンター障害はハードウェアの故障が原因

シンガポールのJanil Puthucheary( ジャニル・プーチャリー)上級国務大臣は、最近医療機関で発生した2件のITシステム障害は、データセンターのハードウェア機器の故障が原因であり、人手不足が原因ではなかったと述べました。

Channel News Asiaの報道によると、Puthucheary博士は、8月27日と9月5日に発生した2つの障害について、月曜日(9月12日)に国会で国会議員の質問に答えたといいます。国会議員のTan Wu Meng氏(PAP-Jurong GRC)は、停電の影響を受けた患者の内訳、原因、統合医療情報システム(IHiS)の国際医療機関との比較について質問し、Wan Rizal Wan Zakariah議員(PAP-Halan Besar)は、将来同様の混乱を防ぐための安全策について質問しました。

ITベンダーの失敗?

業界関係者は今回の事態は、データセンターにおける厳しいニーズに応えることができないベンダーの能力を明らかに浮き彫りにしていると指摘しています。Puthucheary博士は、この2つの事故について、「業務に大きな影響を及ぼしました」と述べています。停電のため、影響を受けた医療機関では患者の待ち時間が最大1時間長くなり、他の患者は予約を取り直したほか、調剤にも遅れが生じました。

「8月27日と9月5日の両日、影響を受けた公的医療機関は、ダウンタイム手続きと事業継続計画を発動し、代替システムと、場合によっては手書きの書類を使用して業務を継続しました」と述べています。

8月27日の最初のケースでは、公的医療機関の監視システムが午前7時からITネットワーク接続の障害を検出しました。障害は同日午前10時45分までに修正され、システムは復旧しました。CNAの報告によると、電子カルテ、予約システム、薬局、検査システムなど、合計26のITアプリケーションに影響が出たといいます。

コミュニティ病院、専門外来クリニック、すべてのポリクリニックを含む合計17の公的医療機関が影響を受けました。9月5日の2回目の事故では、午前10時にITインフラに別の障害が発生しました。その日の午後1時から部分的に機能が回復しましたが、完全な機能が回復したのは翌日の午後6時でした。

Puthucheary博士によると、この障害は8つの公的医療機関と3つのポリクリニックのうち2つのグループに影響を与えたという。事件の調査の結果、主な原因はデータセンターのハードウェア機器の故障であることが判明したとPuthucheary博士は述べています。8月27日の事件までの数日間、データセンターのファイアウォールゾーンにある2つのノード(連動して動作するハードウェア装置)が故障しました。

通常、システムは、1つのノードが故障してもサービス業務を継続するために、データトラフィックの負荷を管理する他のノードを備えています。8月27日、エンジニアが故障した2つのノードを復旧させようとしたところ、操作に失敗しました。

改善策

このため、ファイアウォールのノード群が誤動作し、その後、障害が発生したのです。Puthucheary博士によると、エンジニアは、影響を受けた2つのノードの機能がない状態で、システムを以前の状態に戻す作業を行い、サービスは徐々に回復していったとのことです。

「ノードの故障は、機器のファームウェアのバグが原因でした。その後、製造元のシスコ社によってバグが特定され、デバイスにはパッチが適用されました」と付け加えました。

9月5日の障害は、「同じメーカー、同じモデルのノードが2台同時に故障した」ことが原因であるとPuthucheary博士は指摘しました。前回とは障害の起き方が異なり、復旧に時間を要しました。今回の故障の原因については、現在も調査中です。

「会員からの質問で、IHiSのマンパワー不足が原因ではないかとの指摘がありました。IHiSの人員は3,500人であり、やるべきことは多く、人員増はいつでも歓迎しますが、人員不足が今回の障害の原因ではないです」と国務大臣は述べています。

また、調査の結果、影響を受けたシステムへのセキュリティ侵害の兆候はなかったと付け加えました。

W.Media(Venkatesh Ganesh)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。