AWS、オレゴン州で98.4MWの風力PPAを締結

既存の風力発電所への再電力供給契約

Amazonがオレゴン州の風力発電所の出力を調達する契約を締結しました。

berdrola Group傘下のAvangrid, Inc.は、オレゴン州ギリアム郡に位置する再エネ風力発電所からの電力を引き取るため、Amazonと新たな電力購入契約(PPA)を締結したと発表しました。

Amazon Wind Farm Oregon(別名Leaning Juniper IIA)は、40基のタービンで98.4MWの発電能力を持ちます。

Avangrid CEOのPedro Azagraは、「再生可能エネルギーへの世界的な移行を加速させるという当社のコミットメントを共有するAmazonと、この契約を締結できたことを誇りに思います。このようなプロジェクトにより、Amazonの気候変動目標を支援するだけでなく、雇用を創出し、地域社会に貢献することができます。」

「Amazonは、オレゴン州における初のユーティリティ・スケールの再生可能エネルギー・プロジェクトを発表できることに興奮しています」と、Amazon Web Services(AWS)のエネルギー戦略責任者であるAbhishek Sharmaは述べました。

「このプロジェクトは、Amazonがすでに米国西部の送電網で可能にしている2GWの再生可能エネルギー容量に追加されます。これは、Amazonが4年連続で再生可能エネルギーの世界最大の企業購入者であることに貢献しており、Amazonが2025年までに事業運営に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄う道を歩み続ける助けとなるでしょう。」

これはリパワリング・プロジェクトであり、耐用年数を迎えた既存のタービンを廃止し、より効率的なモデルに置き換えるものです。同施設は2011年に商業運転を開始しました。

Avangridによると、このプロジェクトで廃止されるタービンブレードをすべてリサイクルする契約を結んでおり、埋め立て処分場から1,000トン以上の質量を転換できます。

「リパワリングはAvangridにとって、インフレ抑制法の恩恵を活用する絶好の機会です。 Avangrid が保有する大規模な陸上風力発電設備は、今後10年間で、このようなリパワリングを数多く可能にするでしょう。そうすることで、より多くの再生可能電力をより効率的に発電し、これらのプロジェクトが地元にもたらす好影響を拡大するために、技術の向上を活用します。」

Avangrid Networks はニューヨークとニューイングランドで8つの電気・天然ガス事業会社を所有・運営しています。Avangrid Renewablesは、全米で再生可能エネルギー発電施設のポートフォリオを所有・運営しています。

Avangridはテキサス州でMetaとPPAを締結したことがあり、親会社のIberdrolaは欧州、米国、アジア太平洋地域の風力・太陽光発電容量についてAmazonとPPAを締結しています。また、VodafoneもヨーロッパでAmazonとPPAを締結しています。

Amazonは世界最大の再生可能エネルギー購入企業で、オレゴン州に主要なデータセンターを持ち、その規模を拡大しています。

しかし、年中無休で発電量に見合わないPPAの価値を疑問視する研究結果もあります。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。