エクイニクス、フランスでwpdと風力PPAを締結

コロラド州、2025年から7つの風力発電所からオフテイクへ

エクイニクス(Equinix)はフランスで再生可能エネルギーを調達する契約を締結しました。

同社は今週、再生可能エネルギー開発会社wpdと20年間の電力購入契約(PPA)を締結しました。

フランスで締結されたこの種の案件としては最大級とされるこの契約は、Schneider Electricが仲介し、Nouvelle-Aquitaineに4件、Hauts-de-Franceに2件、Pays de la Loireに1件の風力発電所が含まれます。この契約は合計100MW以上の容量となります。

「エクイニクスは、フランス史上最大規模の電力購入契約を締結できたことを誇りに思います。これはフランスにおける重要なマイルストーンであり、再生可能エネルギーソリューションへの投資に対するエクイニクスの世界的な取り組みを明確に示すものです」と、Equinix FranceのマネージングディレクターであるRégis Castagnéは述べています。

「フランスの再生可能エネルギー生産目標に沿うことで、国の脱炭素化と再生可能エネルギー投資に積極的かつ積極的に貢献できることを嬉しく思います。エクイニクスは、お客様の持続可能な旅路をサポートする責任あるビジネス決定を行うことを約束し、wpdとの今回の契約締結は、2030年までに気候変動に左右されない中立的な企業を目指す当社の道を大きく前進させるものです。」

エクイニクスによりますと、契約は遅くとも2025年には発効する予定です。今回の契約は、エクイニクスにとって世界で20件目のPPAであり、米国、フランス、フィンランドスペインポルトガルスウェーデンで合計900MWを超える容量となります。

1996年に設立された同社は、29カ国で風力発電所とソーラーパークの開発、資金調達、建設、運営を行っています。同社のポートフォリオは合計約290万kWで、プロジェクトのパイプラインは陸上風力157.5万kW、太陽光発電320万kWに及んでいます。

wpdフランス代表のGrégoire Simonは、次のように述べました。「2013年以来、wpdは民間企業の脱炭素化プロセスを支援する能力を継続的に実証してきました。PPAは、エネルギー転換に意欲的に取り組む企業に経済的に実行可能なエネルギーソリューションを提供することで、フランス市場の競争力を強化し、同国の再産業化を支援するものです。そのため、フランス国内7カ所の風力発電プロジェクトで締結されたPPAにおけるエクイニクスとの協力関係を喜ばしく思っています」

Schneider Electricのグローバル・クリーンテック&リニューアブルズ担当バイスプレジデントであるJohn Powersは、「送電網の脱炭素化を支援し、フランスにおける再生可能エネルギー配給の発展における重要なマイルストーンを促進できることを誇りに思います。フランスでこのような価値のある取引は稀であり、エクイニクスが7カ所で長期的な電力購入契約を結ぶことは、革新的なデジタルインフラの拡張は、地球への影響を軽減することと両立しなければならないという信念を示しています」と述べています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。