Amazon スコットランドのMoray West風力発電所とPPA締結

新施設で発電されるエネルギーの半分以上を購入

Amazonは、スコットランドの新しいMoray East洋上風力発電所から利用可能な電力の半分以上を購入することに合意しました。

この風力発電所とは473MWの電力購入契約(PPA)で合意しており、今年後半に稼働する予定です。Moray West風力発電所は、運転開始後は合計882MWの発電能力を持ち、エネルギー供給会社EDP RenewablesとEngieの合弁会社であるOcean Windsによって運営されます。

Amazon、スコットランドの風力発電を買収

Amazonは、Moray Westから65万世帯分の電力を購入しているということです。

同社のクラウドプラットフォームであるAmazon Web Services(AWS)のEMEAリージョンのエネルギー担当ディレクターであるLindsay McQuadeは、次のように述べています。「カーボンフリーのエネルギー源に移行することは、二酸化炭素排出量を削減する最も効果的な方法のひとつであり、2040年までに事業全体でネットゼロカーボンを達成するという気候変動公約の一部でもあります。」

「Moray Westのようなプロジェクトは、Amazonの事業と英国送電網の脱炭素化において重要な役割を果たすだろう。今回の合意は、この野心に対するAmazonのコミットメントを示すものです」

この契約は、Engieが昨年締結した19件のPPAのうちの1件であり、Engieは7.3GWのPPAポートフォリオを保有していることになります。

「Moray Westは、再生可能な発電技術への投資を通じて、カーボンニュートラルな世界への移行を加速させるという当社の戦略を反映したものです」と、Engieの再生可能エネルギーおよびエネルギー管理活動担当上級副社長であるPaulo Almiranteは述べています。

「さらに、このPPAの革新的な特徴は、再生可能エネルギーの導入とネット・ゼロ経済という英国の目標を達成するための条件をAmazonとともに作り出すことが可能であることを示しています。この契約は、Engieの風力発電および太陽光発電資産によって発電された再生可能エネルギーの電力を販売するPPAにおけるEngieのリーダーとしての地位を強化するものです」。

Moray West wind farmからの電力は、クラウド・ハイパースケーラの間で需要が高く、GoogleはHertfordshireに計画している新しいデータセンター・キャンパスの緑化に役立てるため、Ocean Windsと100MWのPPAを締結しました。

クリーンエネルギー購入がAmazonのネットゼロ野望の鍵に

DCDが以前に報じたように、Amazonは2023年に世界最大の再生可能エネルギー購入企業であり、100以上の新しい太陽光発電と風力発電プロジェクトに投資したと主張しています。合計で500の異なるスキームを支援し、毎年77,000GWhの電力を生み出していると発表しています。

同社はPPAを利用して、より多くの再生可能エネルギーを送電網に導入し、データセンターやその他の事業から排出される排出量を相殺します。同社は2040年までにネットゼロを達成することを目標としており、2025年末までにすべての事業を再生可能エネルギーで賄うことを目指しています。

しかし、排出量削減手段としてのPPAの価値も疑問視されています。プリンストン大学のZEROラボの研究者が昨年発表した研究によると、大規模なエネルギー購入は意図しない結果をもたらす可能性が指摘されています。単に排出量を置き換えるだけであったり、新たなエネルギー生産を刺激することができなかったりする、と同論文は述べています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。