エクイニクス、オーストラリアで151MWのPPAを締結

APAC地域では初

エクイニクス( Equinix )は、オーストラリアで151MWの風力発電の売電契約(PPA)を締結しました。

世界的なコロケーション企業である同社は、メルボルンからほど近いビクトリア州の田園地帯に建設され、完成すれば南半球最大の風力発電所となる巨大なGolden Plains Wind Farmプロジェクトの第1フェーズの20%を負担することに合意しました。

Golden Plains Wind Farm Eastは、Golden Plains Wind Farm Westも含む1300MWの風力発電所の最初の部分であり、最終的には756MW、122基のタービンを備え、20億ドルを要する予定です。稼動開始は2025年となっています。

最初の300MWはSnowy Hydroが契約しており、エクイニクスは2029年1月1日まで稼働しない容量を購入しています。

この風力発電所は、Vestas Wind Systemsのタービンを使用し、Golden Plains ShireのRokewoodという町の近くに建設されています。ジーロングの北西60km。Tag Energyによりますと、東部と西部の風力発電所が完成すれば、ビクトリア州のエネルギー使用量の9%(オーストラリアのエネルギー使用量の2%)に貢献し、ビクトリア州の温室効果ガス排出量の3%を削減する予定だということです。

この契約は、エクイニクスにとってAPAC初の再生可能エネルギーの長期契約となります。Google、マイクロソフト、Amazonなどの大手クラウドプレイヤーが参加するClean Energy Buyers Associationの暫定CEOであるKevin Hagenによりますと、この地域では従来、PPAはより困難なものであったそうです。

リリースによると、この契約は、エクイニクスのオーストラリアにある17のIBXデータセンターで使用されるエネルギーに匹敵するものになる予定です。

「データセンター事業者やエクイニクスのような大規模な買い手は、風力や太陽光などのクリーンエネルギー資源の開発者に長期的な財務的安定性をもたらすPPAやその他の契約を締結することで、クリーンエネルギーへの移行を加速させてきました。こうした取引は、米国と欧州の電力市場を変えました。現在、このようなインパクトのある取引は、オーストラリア、インド、東南アジアなど、脱炭素化の機会がさらに増えている地域において、地域の需要を促進し、市場をシフトさせる努力をリードするのに役立っています」と Haganは語りました。

PPAの下では、大口顧客は風力発電所や太陽光発電所などの再生可能エネルギープロジェクトに融資し、地域の送電網にクリーンエネルギーを増やしていきます。

エクイニクスのサステナビリティ担当バイスプレジデントであるChristopher Welliseは、次のように述べています。「エクイニクスは現在までに世界で21件のPPAを締結しており、グローバルなデータセンター拠点を拡大する中で、進出先の送電網をグリーン化する機会を評価し続けています。このGolden Plains Wind Farm – Eastプロジェクトの拡張が2029年に完了すれば、21のPPAを通じた当社の影響は、1GW以上の再生可能エネルギーを地域の送電網に追加することになります。他のサステナビリティへの取り組みと合わせて、エクイニクスは全世界で再生可能エネルギーを100%利用することになります。」

エクイニクスは、科学的根拠に基づく短期目標に基づき、2030年までに排出量を50%削減し、その日までにすべての再生可能エネルギーを使用することを約束しました。

エクイニクスのサステナビリティ担当バイスプレジデント、Christopher Welliseは本日、DCDの取材に対し、「24時間365日のPPAはロードマップにありますが、まずは再生可能エネルギー100%を目指しています」と語っています。

同社は2015年にテキサス州とオクラホマ州で225MWの2件のPPAの利用を開始しました。2021年末から2022年初めにかけて、エクイニクスはフィンランドで合計144MWの新規風力発電容量プロジェクトのPPAを3件締結しました。2023年には、スウェーデン、スペイン2件、ポルトガル、フランスを含むヨーロッパでさらに15件の風力および太陽光発電PPAを追加し、これらすべてを合計すると500MWになります。

市場を押し上げる

欧州や米州の先進国市場以外では、PPAの獲得は困難であり、エクイニクスは以前DCDに対し、どの地域でもエネルギー購入資金を調達するために最善の手段を用いるという方針を示しています。過去には、新規プロジェクトに直接資金を提供しないアンバンドルのエネルギー帰属証書(EAC)を使用していました。

エクイニクスの取締役であるBruce Frandsenは、2023年にDCDに対し、「場所によっては、バンドルされていないEACが唯一の選択肢であり、このような市場で何もしないよりは、何かをすることを選びます」と語っています。

しかし、PPA自体には批判もあります。断続的な再生可能エネルギー源からの大量の再生可能エネルギー生産に資金を提供するため、エネルギーが使用される時間帯と一致せず、顧客のインフラは他の時間帯にも炭素集約的な電力を消費することになるからです。

事業者は、生産と消費を一致させる24時間365日のPPAに移行するよう求められており、Googleとマイクロソフトはこの移行を最も声高に主張しています。

エクイニクスは、「可能な限り、バーチャルPPAや再生可能エネルギークレジット(REC)から、再生可能エネルギーの物理的なデリバリーに重点を移していく予定」と述べています。

Snowy Hydroは、2023年8月にGolden Plains Wind Farm Eastの40%を取得しました。

TagEnergyオーストラリア代表パートナーのAndrew Riggsは、「当社は、Golden Plainsがエクイニクスと2件目の重要なPPAを締結したことを誇りに思います。私たちは、エネルギー転換を推進し、将来の世代のためのエネルギー安全保障を確保するため、エクイニクスの世界的な自然エネルギー100%目標達成を支援することを楽しみにしています。」と述べています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。