マイクロソフト、スウェーデンに持続可能なデータセンターリージョン開設

クラウドファーストのスウェーデンに新たな機会創出

マイクロソフトは、スウェーデンのイェブレ、 サンドビーケン、 スタファンストープの3つの地域で、最新のサステナブルなデータセンターを開設したことを発表しました。この新しいデータセンターリージョンでは、マイクロソフトのサステナビリティへの投資の中でも最も優れたものが導入されており、100%カーボンフリーのエネルギーでデータセンターを駆動し、廃棄物ゼロのオペレーションをサポートしています。

企業は、マイクロソフトのスウェーデンのデータセンターでクラウドワークロードをホストできるようになりました。

Accenture & Avanade、AteaCapgemini & SogetiEYTietoEVRYといった同社のスウェーデンでのパートナーは、公共部門と民間部門のデジタルトランスフォーメーションをサポートします。「Ateaは、スウェーデンのデジタル開発をさらに加速させるために、より持続可能な選択肢を歓迎します。当社のお客様の多くは特定のデータ要件に対処しており、選択肢が増えることは、正しい方向への大きな一歩となります。マイクロソフト社の新しいデータセンターの立ち上げは、お客様や技術パートナーと共にITでスウェーデンを構築するという我々のミッションに合致するものです」とAtea SwedenのCEOライナス・ワーリンは述べています。 

「企業は、デジタルエンタープライズのコンピューティングニーズに対応しながら、持続可能性の目標を達成するための新しく創造的な方法を求めています。マイクロソフトのサステナブルなデータセンターがスウェーデンにあることで、アクセンチュアと我々の顧客は、現地のリソースへのアクセスを拡大し、クラウドファーストの企業が必要とする世界的な能力を補完することができます。Accentureのスウェーデン・北欧クラウド・ファースト担当のマティアス・ルーレンはこう述べています。「これにより企業は、パブリッククラウドからエッジ、そしてその間にあるすべてのものまで、クラウド・コンティニュアムのダイナミックな機能を利用することができます。」

スウェーデンにおけるワールドクラスのサステナブルデータセンター

マイクロソフトのスウェーデンのデータセンターリージョンでは、二酸化炭素排出量の削減、廃棄物ゼロの認証の達成、100%カーボンフリーのエネルギーでの運用に取り組んでいます。マイクロソフトのスウェーデンのデータセンター地域は、パートナーであるバッテンフォール社との24時間365日のエネルギーマッチングにより、100%カーボンフリーのエネルギーで稼働します。マイクロソフトは、その業務をサポートするために、bpEnlight Renewable EnergyEuropean EnergyNTRPrime Capitalwpdと新たな再生可能エネルギープロジェクトの契約を締結しました。この燃料は、再生可能な原材料を50%以上含み、標準的な化石燃料と比較して二酸化炭素の排出量をほぼ同等に削減することができる、世界初のノルディック・エコラベル付き燃料です。

マイクロソフトは、この地域でLEEDのゴールド認証を取得することを目指しています。これによりエネルギーや水などの資源をさらに節約し、廃棄物の発生を抑え、人間の健康をサポートすることができます。さらに、新しいデータセンターリージョンには、マイクロソフトの3番目の欧州サーキュラーセンターが設置され、データセンター内のサーバーやハードウェアが再利用されます。これらのセンターは業界初の試みとなり、月に12,000台のサーバーをサポートする能力を持つ予定です。また、「2030年までにウォーター・ポジティブを実現」という当社のコミットメントに基づき、データセンターのサーバーは年間を通じて100%外気のみで冷却され、雨水はデータセンターで回収され、主に加湿やデータセンター内の設備に使用されます。「当社のスウェーデンのデータセンターは、世界で最も持続可能な設計と運用を行っています。新しい技術革新は、世界が持続可能性の目標を達成するための最も重要な手段であると確信しています。クラウドに移行することで、より持続可能な未来への変革を加速させるための新たな機会を、共に生み出していきたいと思います」と、スウェーデンマイクロソフト社のジェネラルマネージャーであるエレーヌ・バルネコウは述べています。

Digital Infra Network (Dan Scarbrough 記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。