イスラエル銀行が新データセンタープロジェクト完了

イスラエル銀行の情報技術(IT)部門は、同銀行に新しいデータセンターを設立するプロジェクトを完了させました。

この新データセンターは、運用面、セキュリティ面、環境面など、さまざまな面でイスラエルで最も先進的なデータセンターの一つです。データセンターはTier 4基準で建設され、運用の継続性を綿密に検証した上で、Uptime instituteから正式な認証を受けるための最終段階にあります。

1つ以上のコンポーネントが故障しても継続して業務を行うことができるフォールトトレラント、FEMA地震対策基準に基づく一定期間の自律的な業務遂行能力、ITシステムに影響を与えずにメンテナンスを行うことができる、省エネのためのグリーンテクノロジーを備えていると定義されています。新データセンターの立ち上げと並行して、IT部門は現在と将来の課題に対応できる革新的な技術とアーキテクチャを採用しました。

IT部門のディレクターLior Georgi氏は次のように述べています。「このデータセンターは、今後数年にわたって銀行に貢献することが期待されており、他の中央銀行と比較しても技術的に最先端を行くことができるでしょう。イスラエル銀行の機能的な継続性を維持し、銀行の継続的な活動に影響を与えることなくプロジェクトを実施するために、プロジェクトの計画と実行には何千時間もの作業時間が費やされ、何百もの創造的なソリューションが実行されました。このプロジェクトの完了は、中央銀行とイスラエル経済の強化に向けた重要なマイルストーンです。」

非常に困難なプロジェクトでしたが、イスラエル国内外の大手企業の協力を得て、無事に完了・実施することができました、と同社関係者は述べています。

W.Media (VENKATESH GANESH)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。