GenH2、データセンターのテスト用にモバイル液体水素源を提供

1日に20kgの液体水素を供給できるトレーラー

米国の水素関連インフラ企業であるGenH2社は、産業試験用途を目的とした移動式液体水素プラントを製作しました。

移動式液体水素システムLS20は、液化と貯蔵をエンドツーエンドで行うシステムで、輸送やエネルギーバックアップの用途に設計されています。これはトレーラーとして必要な場所に配置され、1日あたり最大20kgの液体水素を供給することができます(約666kWhのエネルギーに相当します)。

GenH2は、この移動式液化装置は、データセンターなどのアプリケーションのパイロットプロジェクトや 試験をサポートするために、必要な場所に配置することができると述べています。また、実験用のユニットとして納入することも可能です。

水素は、再生可能エネルギーの余剰電力を回収し、必要な場所に供給しながらエネルギーを貯蔵する方法として提案されています。2022年7月、マイクロソフトは、輸送用コンテナ2個分の水素燃料電池を使って、現在のディーゼル発電機と同等の性能を持つ3MWのバックアップシステムを製造しました。また、トヨタ自動車とNRELは1MWの燃料電池バックアップの計画を発表しており、エクイニクスもシンガポールでこの技術の実験を行っています。

LS20は、水素分野の研究者や潜在的な産業界の顧客を対象としており、必要なときに必要な場所でオンデマンドに水素を製造する能力を備えています。1日あたり2〜20kgの液体水素を製造し、その中には約2400メガジュール(666kWhに相当するエネルギー)が含まれています。これは、330kWの設備を2時間バックアップするのに十分なエネルギー量です。

この装置には、電気分解装置や貯蔵タンクなどの水素源が必要で、ポータブル発電機や他の電源から電力を供給することができます。また、400リットルの貯蔵タンクを備え、「ゼロボイルオフ」機能を謳っています。また、水素検知センサー、酸素検知センサー、炎検知センサー、圧力開放装置、緊急排気装置などを備えています。

また、液体水素輸送のために着脱可能な貯蔵タンクを備え、自動車、ドローン、トラックなどの移動体向けの超軽量水素タンクも用意されています。

 GenH2の最高技術責任者であるJong Baik氏は、次のように語っています。「LS20の開発は、NASA内部およびNASAと連携した数十年の経験とエンジニアリングの集大成です。水素インフラの研究者や開発者に、液体水素を手に入れるためのモジュール式で効率的な方法を提供することは、水素経済を発展させるために不可欠な要件です」

なお、GenH2は、1日あたり最大100kgまたは1000kgの液体水素を供給する、より大規模なシステムも製造しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。