Oracle、インドのハイデラバードに2番目のクラウドDCを開設

インドにおけるオラクルの足場が少し拡大

オラクルは、インドのハイデラバードに2番目のデータセンターを開設します。

これは、2019年のムンバイクラウドリージョンの開設に続く動きです。

ハイパーハイデラバード

オラクル日本及びAPACのエグゼクティブバイスプレジデントであるGarrett Ilg氏は、次のように述べています。「JAPACの企業らは、Oracle Cloudを利用してパフォーマンスを迅速に改善し、イノベーションを加速して新製品をより早く市場に投入し、素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを生み出している。」

「オラクルはオーストラリア、日本、韓国、そして現在インドにデュアルクラウドリージョンを開設し、今後新たな10年間の顧客成長をサポートするといった当社の取り組みを更に強化していく。」

オラクルインディアの地域マネージングディレクターを務めるShailender Kumar氏は次のように述べています。「多くのインド企業らは、クラウドが主導するイノベーションにフォーカスし、成長軌道の変化を目指している。」

ハイデラバード – shutterstock

「インドの2つのOracle Cloudリージョンは、1,000社近くのOracle専門パートナーによる適切なサポートと共に、15,000を超える弊社顧客のイノベーションをサポートしていく。」

ハイデラバードのクラウドリージョンに加えて、オラクルはメルボルン(オーストラリア)、ジェッダ(サウジアラビア)、大阪(日本)、アムステルダム(オランダ)、春川(韓国)においても拡大を進めています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください