American Tower、Cyber Wurx施設を取得しアトランタのMetro Data Centerを拡張

American Towerは、アトランタを拠点とするテクノロジー企業であるCyber Wurxから、55 Mariettaビルの16階にあるコロケーション・スペースの買収を通じてジョージア州アトランタにあるMetro Data Centerの拡張を行いました。

この買収により、American Towerは同ビル内に17,000平方フィートのスペースと2MWの電力を追加し、4フロア合計で、62,000平方フィートのスペース、6MWの電力を供給することになります。

American Towerの米国イノベーション・ビジネス・ディベロップメント・ディレクターのデビッド・フォックス氏は次のように述べています。「アトランタ市場の拡大に伴い、当社のMetro Data Centerを含めアトランタ経由で接続する企業の数は増加している。私たちは、顧客向けにキャパシティの拡張に尽力してきた。そうすることで、同等品質のサービスを提供しながらコロケーションの需要に応えることができる。今回の買収によるお客様への提供可能能力に非常に満足している」

Cyber Wurxは今後もAmerican Towerのアンカーテナントとして16階の一部を利用し、既存顧客へのサービスやビジネスサポートを行っていきます。

今回の買収は、American Towerが55 Mariettaで最近発表した2度目の拡張です。先月、同社は同サイト内の別の20,000平方フィート(1,800平方メートル)、2MWの拡張工事を完了しました。

American Towerは、アトランタを拠点とする小規模なコロケーション事業者のColo Atlを買収後、2019年に同ビルに参入しました。

尚、1997年に設立されたCyber Wurxは、55 Mariettaにおいてコロケーション、及びホスティングサービスを提供しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。