DCI、ニュージーランド・オークランドにデータセンターを建設へ

DCI Data Centers(DCI)がニュージーランドに進出します。

同社は今週、ニュージーランド海外投資庁(OIO)からオークランドに新たなデータセンターを建設するための土地購入の許可を得たと発表しました。

DCIのオーストラリア・ニュージーランド部門のCEOであるマルコム・ロー氏は次のように述べています。「ニュージーランドでクラウドプログラムを開始できることを大変嬉しく思う。この施設はニュージーランドにおける最初のステップであり、強い需要に応えるために、現在、さらなる施設の選定を行っている」

DCI AKL01は、オークランド北西部のウェストゲートにある区画に構築されます。DCIは、この施設の稼働開始に関する時期については明らかにしていません。

ニュージーランドではクラウドの利用が増加しており、大容量で環境に優しいデータセンターやその他関連インフラに対する需要が高まっています。

Brookfield Asset Managementの傘下にあるDCIは、現在、シドニーとアデレードに2棟のデータセンターを保有していますが、先日、アデレードの既存施設に4MWのデータセンターを新設するため、7,000万豪ドルの追加投資を行うと発表しました。

オークランド市のビル・キャッシュモア副市長は次のように述べています。「ウエストゲートでの商業開発が活発化していることを大変うれしく思う。オークランド全体を中心とした地域雇用と商業活動は、地域の重要な成長要因である」

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。