DigitalBridge、10億ドルの長期投資を検討

DigitalBridge Groupは新しいデータセンターファンドのために、さらに10億ドルを調達していると報道されています。

Bloombergの報道によると、同社は10年または20年の長期投資のために資金を必要としており、8〜12%のリターンが期待できるといいます。

Bloombergの情報筋によると、詳細は変更される可能性があるとのことです。

長期的な賭け

DigitalBridgeはすでに多額の投資を集めており、2番目の旗艦投資ファンドであるDigitalBridge Partners IIファンドで83億ドルを調達しています。

同社はすでに、その投資を長期的な戦略的なものであると特徴づけています。DigitalBridgeのCEOであるMarc Ganzi氏は今週、DCDに対し、「高価な案件でも、ほら、私はこれをどう引き受けるか理解している」と述べ、見かけ上は価値の高い倍率で引き出されたデータセンター事業者が、適切な投資によって急速に拡大することができると説明しています。

例えば、今年5月、DigitalBridgeはSwitch Datacentersを110億ドルで非公開化しましたが、これはSwitchの当時の市場価値約75億ドルに対して大幅なプレミアムを付けたものでした。

Ganzi氏はこの買収によってSwitchが拡大し、株主への四半期報告に縛られない意思決定ができるようになったと説明しています。「900エーカー以上の土地バンク、1.3ギガワットの未使用容量、そして大きなワークロードを必要とする大口顧客のパイプラインを見ている」と、Ganzi氏はDCDに語っています。

この新しいファンドが実現すれば、同社のこれまでの主要な取引よりも長期的な賭けになる可能性があります。

「2017年にVantageに12億円を支払ったとき、誰もが私の頭が20個あるように私を見た。私たちは今、一桁の倍率でVantageに参加しています。そこに至るまで5年かかりました。」Switchで、Ganziは5年かけて同じようなトリックを行いたいと考えています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。