Equinixが米ダラスInfomart拡張を開始

小規模5G Proof of Concept Centerも開設

Equinixは、2018年に8億ドルで取得したInfomart Dallas キャリアホテル で1億4200万ドル規模のデータセンター拡張を開始しました。

同社は更に、5GとエッジのProof of Concept Center (POCC)も開設し、モバイル通信事業者(MNO)、クラウド基盤、テクノロジーベンダー、その他の企業向けに サンドボックス 環境を提供します。

データパレス

Infomartは、もともとは情報技術ベンダー向けの常設展示会を開催するために建てられたものであり、そのデザインはビクトリア朝時代のイギリスで同様の目的を果たしていた巨大なガラスと鉄骨構造のCrystal Palaceがベースとなっています。

2000年以降、ビルオーナーのASB Real Estateは、Infomartをキャリアホテルとして開発し、その施設を ホールセールデータセンター 事業者の Fortune Data Centersと合併し、全国的なデータセンター事業者として設立しました。

Infomart(ビル)の売却後、Infomart(会社)はそのブランドが少し混乱していたことに気付きました。昨年、同社はT5 Data Centersの施設と統合し、新たにStack Infrastructureを立ち上げました。

Equinix DA11の拡張は、第1フェーズで1,975ラック、72,000平方フィート(6,700平方メートル)のコロケーションスペースを構築します。完成時には、施設全体で3,850ラック超、144,000平方フィート(13,400平方メートル)超のコロケーションスペースが提供される予定です。

Equinix Americasのプレジデント、ジョン・リン氏は次のように述べています。「企業は絶え間なく進化するデジタルランドスケープに対応可能なITインフラを構築し、事業拡大を目指している中、ダラスでの大きな需要も見られる。」

「このますます重要性が高まり、成長する市場に対し、ダラスキャンパスの9番目の施設を提供できることを嬉しく思う。」

– Sebastian Moss/DCD

Data Center Dynamics

原文はこちら