AIスタートアップPhaidraがデータセンターの冷却制御システムで1200万ドルを調達

GoogleとDeepMindの卒業生がデータセンターのエネルギー効率向上を目指す

産業用AI企業のPhaidraは、データセンターの冷却制御システムのために、1200万ドルを調達しました。 TechCrunchの報道によると同社はIndex Venturesから追加資金を確保し、この資金を研究開発、導入、市場開拓に充てるようです。

2019年に設立された同社は、データセンターなどのミッションクリティカルな業務向けにAI制御システムを提供し、電力消費の管理を支援しています。 Alfredとして知られる同社のAIエージェントは、仮想プラントオペレーターとして機能し、温度、圧力、流量などを管理しています。

Jim GaoはTechCrunchに、次のように語りました。「データセンター業界は、土地と、電力があればどこにでも新しいキャパシティを、構築しようとする軍拡競争の真っ只中にあります。 Phaidraのサービスは、より少ないエネルギーで、より安定した冷却システムを、提供することができます。」

シアトルに本社を置くPhaidraのプラットフォームは、ビル管理システム(BMS)や、SCADAシステムの上に監視レイヤーとして接続し、センサーの傾向をリアルタイムで分析し、冷房システムを運転するための最適な戦略を特定し、自動実行のためにBMSに指示を送っています。 このシステムは、管理している特定のサイトの過去の遠隔測定データに基づいて学習され、運転中も学習し続けています。

Phaidraは、Google、DeepMind、TraneのJim Gao、Vedavyas Panneershelvam、Katie Hoffmanによって設立され、それぞれ率いられています。

PhaidraのCEO Jim Gaoは以前、DeepMindでエネルギーチームを立ち上げ率いており、同社の、AIの専門知識を活用してエネルギーグリッドの最適化を目指していました。DeepMindの前は、Googleのデータセンターの技術責任者を務めていました。 Googleの、データセンターのひとつに導入されたDeepMindシステムに携わり、すでに最適化されたプラント施設内で、エネルギー効率を40%向上させることができました。 同ユニットは、Googleにサービスを提供する、風力発電所の効率改善にも貢献しました。

同氏は2019年8月に、Panneershelvamは2020年5月に退社しましたが、これは最終的にマイクロソフトに入社した、DeepMindの共同創業者Mustafa Suleymanの退社から数か月後のことでした。DeepMindは2020年、エネルギー部門を3年で閉鎖したと報じられました。 閉鎖は、同部門が数か月に及ぶ共同作業にもかかわらず、英国のNational Gridとの契約を、確保できなかったと報じられたことによります。

同氏は、「我々は、最初の国際的な配備を立ち上げ、稼働させており、世界のエネルギーコストの高い地域が、2025年の我々の成長の多くを促進すると期待しています。企業は、今あるもので、より多くのことを行う方法を求めています」と語りました。

同社は、これまでに6,050万ドルを調達しています。 他の投資家には、Callab Fund、Helena(PhaidraのシリーズA資金調達ラウンドを主導)、Flying Fish Partners、Character、S32、Ahren、GSFuturesなどがいます。SuleymanとMark Cubanも投資家です。

同氏はさらに、「今回の資金調達は、当社がIndex Venturesを取締役会とキャップのテーブルに加えることを可能にする好機的なものでした。当社は、積極的に追加資本を求めていたわけではありませんが、我々が特にデータセンター業界など、産業界の顧客と急速に拡大する中、Index Ventureのスケーリングの専門知識には特に期待しています」と付け加えました。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。