東芝、データセンターなど大規模施設向けのUPSを活用した「需給調整市場」参入に向けた技術検証が完了

株式会社東芝は27日、バーチャルパワープラント(VPP)関連サービスの新たなソリューションとして、データセンターなど大規模施設向けの無停電電源装置(UPS)が持つ電力の余力を「調整力」として、「需給調整市場」を通じて提供し、収益を上げるソリューション向けに開発中のUPSが、需給調整市場を運営する一般社団法人電力需給調整力取引所が取引規定の中で定める「運用時技術要件」を満たすことを確認したと発表した。今後、データセンターなど大規模施設でUPSを運用することを想定し、長期運用を含めた事業実証を東芝グループ内で行い、ソリューションの早期実用化を目指す。

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。