Interxionが複数の買収提案を検討中か

ヨーロッパ最大のコロケーション事業者のInterxion Holding社が買収の準備段階にある可能性があります。

複数のニュース報道によると、Interxionはモルガン・スタンレーの協力を得て、潜在的なバイヤーのうちの1社に売却を検討しているようです。伝えられるところによると、Interxionは11月1日までの入札をバイヤーに求めており、KRK、Blackstone Group、およびDigital Colonyから入札が寄せられているようです。

Interxionはこの噂についてのコメントは拒否しましたが、それを虚偽情報としての却下はしていません。

機会の土地

Interxionは11か国で45を超えるデータセンターを運営しています。同社は自身の事業をヨーロッパ限定と称していますが、顧客の大半はヨーロッパ大陸への「ビーチヘッド( =上陸拠点 )」を確立しようとしているアメリカ企業です。

オランダに本拠を置く同社の海底ケーブルは、Facebookなどの企業が拡大を狙っているアフリカのインターネット成長市場へのアクセスを提供し、Interxionのインフラ設備は魅力的な資産と言えます。

アフリカ、中東、およびアジア地域につながる14本の海底ケーブルはすべて、Interxionがマルセイユに保有する単一の地上局及びデータセンターに終端されています。

– Interxion

急成長

Interxionは、Equinixに続くヨーロッパ最大のデータセンター事業者です。同社は、ヨーロッパ地域で着実に増床を続けています。過去2年間で、マドリード、ブリュッセル、アムステルダム、パリ、コペンハーゲン、ストックホルム、ウィーンの7つの主要都市での新しい施設を発表しました。

Interxion CEOのDavid Ruberg氏は次のように述べています。「クラウドの導入ペースの加速とヨーロッパ経済の改善が相まって、コロケーションサービスに対する幅広い需要が高まっています。」

「 継続的に関心を持つ複数顧客からの需要があるため、約15,500平方メートルの設備スペースの追加投資を行うことを予定しており、拡大する顧客のニーズを満たします。」

Data Center Dynamics

原文はこちら