• エッジ/IoT
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

UnaBizがフランスのIoT企業Sigfoxを買収

先日、債務超過を申請したフランスのIoT企業Sigfoxが、UnaBizに買収されることになりました。

2017年に設立されたシンガポールのUnaBiz社は、Sigfox、LTE-M、NB-IoT、LoRaなどの低電力広域(LPWA)技術を使用したIoTソリューションを提供しています。同社はシンガポールと台湾でSigfox 0Gネットワークを保有し運用しています。

2022年2月、Sigfoxは、製品の販売不振とCovid-19によるIoT業界の厳しい状況を理由に、フランスで破産保護を申請しました。

今週、トゥールーズの商業裁判所は、Sigfoxの新たなオーナーとしてUnaBizを任命したことを発表しました。管財人、Sigfox の経営陣、従業員代表は、今後数週間にわたり UnaBiz と共に、Sigfox の既存の商業活動への所有権の移行を円滑に行うために作業を行います。

Unabizは、Sigfox SAと、フランスのネットワーク事業者子会社であるSigfox France SASの両方を買収しました。買収の条件は明らかにされていませんが、Enterprise IoT Insightsによると、買収額は2500万ユーロ(2700万ドル)の範囲に収まっているとのことです。

引き渡しの際、UnaBizは現在の従業員174人のうち110人を保護し、同社の資産、帳簿、ネットワークおよびバックエンドシステムを保護するための財務および運用評価を行うとしています。

「Sigfox コミュニティが私たちをサポートしてくれていること、そしてフランス政府が私たちの投資を承認してくれたことに感謝します。所有権の移行はSigfoxにとって新たな始まりですが、UnaBizは間違いなくSigfoxのフランスの主権を保証します」UnaBizの共同創業者兼共同CEOのHenri Bong氏はこのように述べています。「グローバル市場がパンデミックから立ち上がる今後 12 ヶ月に、Sigfox の販売パイプラインを確保することに加え、UnaBiz と Sigfox は LPWAN のコンバージェンスに向けて努力していきます。新生Sigfoxは自己改革を行い、他のIoT通信技術と連携して新たな市場機会を掴んでいきます」

2010年に設立されたSigfoxは、IoTデバイス向けの低消費電力無線ネットワークを開発し、Salesforce、Intel、Samsung、NTT、SK Telecom、エネルギーグループのTotal、Air Liquideなどの投資家から3億ドル以上を調達しています。しかし、昨年度の決算では、売上高が2400万ユーロ(2700万ドル)強、金融負債が1億1800万ユーロ(1億3280万ドル)で、9100万ユーロ(1億200万ドル)近い純損失を計上しました。

SigfoxのCEOであるJeremy Prince氏は3月、9社が少なくともSigfoxの一部の買収に関心を示し、7社がSigfox Corporationと、フランスで事業を行っているSigfox SASの両方を引き受ける提案を行っていると発表していました。

買い手には、フランスのIoT企業のActility、南アフリカの投資ファンドのBuffet Investment Services Consortium、Greybull Capital LLP、テクノロジー企業のGroupe Zeka、ITコンサルタント会社Sentiensなどが候補として挙がっていました。Unabizは、地元のエンジニアリング会社であるOTEIS Franceがプロセスの大部分で最有力候補だったことで、外国企業であるため入札で負けることを恐れていたと伝えられています。

Prince氏は、昨年の入社後、新たな資金を調達しようとしたができなかったと語り、パンデミックとその後のサプライチェーンの問題で、顧客の注文を期限通りに回収できなかったことと並んで、2021年には「数百万ユーロ」の損失を出したと話しています。

「これらの困難が重なり、負債が重くなり、私は追加融資を要請する代わりに、自らの責任を取ってSigfoxを管財人にすることを選んだ」と彼は述べています。

UnaBizは2021年10月にSPARX Groupが主導し、CDIB、G K Goh、Thaioilが参加するシリーズB資金調達ラウンドで2500万ドルを調達しました。またこれまでにも2018年にシリーズAラウンドで1,000万ドルを調達しています。

同社は2021年11月に共同創業者のPhilippe Chiu氏を共同CEOに昇格させ、2022年2月にインダストリアルIoTトラッキングソリューションプロバイダーのSensaTagを買収しました。

「Unabizの皆さん、おめでとうございます」Prince氏はLinkedInでこうコメントしています。「彼らとSigfoxの従業員が、Sigfoxの冒険の次の章に向け、最善を尽くすことを祈っています。このような素晴らしいチームが一緒になれば、未来は明るいものになることは間違いありません」

次に何をするつもりかという質問に対して、Prince氏は今後会社には関わらないことを示唆しました。「今まで Sigfox とこのプロセスに集中していたので、次の冒険について考え始めなければならない…」

Prince氏は、Sigfoxの共同創業者であるLudovic Le Moan氏の退任後を引き継ぎました。フランスでの報道によると、Le Moan氏は新会社 Sentiens を通じて倒産した Sigfox を買収しようとしたが、資金を確保できなかったといいます。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。