シュナイダーエレクトリックのAveva社買収が完了

何年もかけてソフトウェア会社の買収を試みた結果

シュナイダーエレクトリックによるソフトウェア企業Avevaの買収が完了しました。

シュナイダーは2017年に34億ドルの逆買収を行い、既に同社の約59%株式を所有していましたが、このことで、Avevaはロンドンでの上場を維持することができていました。同社はこれまでも何度かこのソフトウェア企業の買収を試みてきましたが、投資家を納得させることができませんでした。

昨年9月に最初の入札を行った後、シュナイダーは残りの株式に対するオファーを引き上げ、事業全体を約119億ドルと評価する取引としました。

英国で最も歴史のあるハイテク企業の一社であるAvevaは、オペレーション&デバイス管理、モニタリング&デジタルツイン・ソリューション、エンジニアリング&デザイン、データ管理などの産業用ソフトウェアを提供しています。同社は、製造業、エネルギー・インフラストラクチャー、データセンターなどの業界をターゲットとしています。

また、同社は全世界で20,000社以上の顧客を有しているといいます。Avevaは、サブスクリプションのみのビジネスモデルへの移行に伴い、最大のSaaSプロバイダーを目指していると述べています。

Aveva の CEO である Peter Herweck 氏は、「産業界のニーズはますます複雑になっている」と述べています。「しかし、デジタルトランスフォーメーションによって競争上の優位性、価値、そして持続可能性を生み出す機会は、かつてないほど魅力的だ」

また、Avevaの会長であるPhilip Aiken氏は、「過去10年間、Avevaの会長を務めることができ、事業が産業用ソフトウェアのグローバルリーダー、そして英国最大の上場テクノロジー企業に成長したことは喜ばしいことだった」と述べています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。