シュナイダーエレクトリック、産業用ソフトウェア企業Avevaの残りの株式を44億ドルで取得へ

シュナイダーエレクトリックは、英国の産業用ソフトウェア企業Avevaの残りの全株式を取得し、事業全体の価値を約108億ドルとする取引を行います。

シュナイダーは2017年に34億ドルの逆買収を行い、Avevaがロンドン上場を維持できるようにしたことで、すでに同社の約59%を保有していました。

Avevaは、オペレーション&デバイスマネジメント、モニタリング&デジタルツインソリューション、エンジニアリング&デザイン、データマネジメントなどの産業用ソフトウェアを提供しています。同社は、製造業、エネルギー・インフラ、データセンターなどの業界をターゲットにしています。

もともとシュナイダーエレクトリックは2015年にAvevaの買収を試みましたが、ソフトウェア事業が土壇場で撤退しました。2016年の別の試みも失敗していました。

その後、Avevaは2020年に産業用ソフトウェアメーカーのOSIsoftを負債込みの50億ドルで買収しています。

Avevaの完全買収は、発表前の同社の株価に40%のプレミアムがついたことになります。尚、シュナイダーの株価は、このニュースを受けて0.9%下落しました。

シュナイダーは、ケンブリッジにあるAvevaの本社を維持するとし、Avevaの従業員数に「いかなる重大な変更」も加える予定はないと述べています。

この買収はまだ今年11月の株主総会で承認される必要があり、通常の規制当局の承認も必要となります。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。