Google Cloudは昨年TikTokにクラウドを提供していた

Google Cloudは、2019年5月にTikTokとの3年間の契約に署名し、同社のクラウドサービスへのアクセスを提供していたとThe Informationは報告しています。

TikTokは、この期間にGoogleのクラウドサービスに少なくとも8億ドルを支払うことに同意したようです。TikTokは中国国外で展開されていますが、親会社のByteDanceは中国国内で同等のDouyinアプリを運用しています。

2017年には、GoogleはSnapchatと5年間で20 億ドルの同様の契約を締結したことを明らかにしていました。

時計がTikTok進む

ここ数か月は、多くの国がスパイ疑惑の中でTikTokを全面的に禁止するよう検討しています。

TikTokは既にインドで禁止されています。中国とのいくつかの衝突を受け、国家当局は国家安全上の理由として、TikTokを含む60ほどのアプリをブラックリストに載せました。

米国はこれに追随する可能性があり、マイクポンぺオ国務長官 はFox Newsに対し、米国政府も追放を検討していると語っていました。

「私たちはこのこと(=中国政府による監視疑惑)を非常に真剣に受け止め、確かに制限を検討している。」とポンペオ氏。「中国製アプリに関しては、米国もこれを正しく取得するようにする。」

– shutterstock

米国当局は、TikTokによるユーザデータの処理に関して、多くの不当な対応を行ってきました。連邦取引委員会は、TikTokを13歳未満の子供たちの保護や、オーナー企業であるByteDanceによるコントロールについて批判をしてきました。2019年2月、同社は委員会から約600万ドルの罰金を科されました。

中国は過去数年間、少数民族の世論に対する抑圧や最近の香港への弾圧事件で注目を浴びており、また、テクノロジー企業に対し中国の法執行への準拠を強制する法律が可決されています。

今月の初め、Google、Facebook、Twitter各社は、法律に基づく香港での法執行の理由でユーザデータの処理を一時的に停止すると発表しました。

TikTokは、それを受けて、香港での運営の完全な停止、そしてアプリをストアページ上から削除するとして、訴訟を行いました。

Amazonによる撤回

先週、Amazonは従業員に向けて、セキュリティリスクの理由でTikTokをスマートフォンから削除するよう依頼しました。しかしAmazonはその後すぐに、メールが誤って送信されたと主張しました。

Amazonからのフォローアップ声明で、会社の広報担当者であるKristin Brown氏は、TikTokを取り巻く同社の方針に変更はないと従業員に説明しました。

12月には、国防総省が、政府供給のスマートフォンからアプリを削除するよう担当者に指示をしています。

5月には、ByteDanceは元ディズニー取締役であったKevin Mayer氏をTikTokのCEO、そしてByteDanceのCOOとして採用しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら