• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」デビューでHBO Maxの障害が発生

ゲーム・オブ・スローンズの次の犠牲者は サーバー

「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」がストリーミングサービス「HBO Max」上で障害を引き起こしました。この影響を最も受けたのはFire TVのユーザーでした。

プラットフォーム全体のダウンには至りませんでしたが、新番組の放送開始時に、監視サービスDowndetectorで3,000件以上のユーザー申告による障害が報告されました。米国では1,000万人以上が第1話にチャンネルを合わせたとみられています。

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーはBloombergへの声明で、「Fire TVデバイス経由で接続しようとするユーザーのごく一部に問題があることを認識しており、影響を受けたユーザーのために解決に向けて動いている」と述べています。

Amazonは、Fire TVの問題は解決されたとしています。

HBO Maxは、Netflix、Disney+、Amazon Prime Videoと同様、主にAmazon Web Servicesをクラウドプロバイダーとして使用しています。しかし世界最大のクラウドプロバイダーAmazonの利用は、完全に技術的な優位性だけが理由ではありません。

The Informationは昨年、AmazonがHBO MaxをFire TVに載せる見返りとして、HBOにAWSを使うよう強要したと報じています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。