Microsoft Teamsがグローバルな障害でダウン

Microsoft Teamsが世界中でダウンしています。

原因についてはまだ明らかではありませんが、他のマイクロソフトのサービスやAzureクラウドには影響はない模様です。

さあ、Zoomを使う時です

「この問題は世界中のユーザーに影響があることを確認した」と、マイクロソフトのTwitterアカウントではツイートされています。

「我々は問題の原因を特定するために、モニタリングの遠隔測定と最近の変更についての確認を行っている。詳しい情報についてはアドミンセンターのTM252802で確認できます」

Microsoft Teamsの障害は、DNSの障害でTeams、Xbox Live、365とAzureの一部が2時間にわたり停止した一件に続き、今月に入って2回目となります。

また、昨年9月には、Office 365、Teams、Outlook、その他のMicrosoftサービスでも障害が発生しています。更に同月、冷却装置の障害により、英国のMicrosoftデータセンターがほぼ1日停止しました。

また昨年3月には、米国西中央部のクラウドリージョンで、電力障害によるAzureの小規模な停止も発生しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。