フランス全土で複数のファイバーが切断され、複数の都市に影響

フランス全土の光ファイバーケーブルが意図的に切断されたようで、国内の各都市でインターネットの停止や速度低下が発生しています。

パリとリヨン、ストラスブール、リールなどの都市を結ぶケーブルが数カ所で物理的に切断されました。

「イル・ド・フランス地方でインターネットケーブルが切断され、固定電話や携帯電話のネットワークに影響が出ている。サービス復旧に取り組む事業者と連絡を取り合っている」と、デジタル担当長官のセドリック・オーはツイートしています。

フランスのメディアは、パリ、リヨン、ボルドー、ランス、グルノーブルなどの都市で大規模なインターネット障害が発生したと報じています。

フランスのISP Freeは、夜から朝にかけて、ランスやグラヴリーヌを含む同社のファイバーインフラに「複数の悪意ある行為」があったと発表しました。切断されたケーブルの写真も数枚掲載されています。

このような大規模かつ組織的な破壊行為の背後にいる可能性のある人物は、現時点では明らかではありません。激しく争われた大統領選の数日後に起こったことではあるが、セドリック・オー氏は妨害行為を示唆せず、広報担当者は動機についてコメントを避けています。

SFRは、パリ地域とフランス南東部のリヨンで「いくつかのファイバーカットが発生した」と述べました。

「SFRの技術チームはフル動員されている」と同社は声明で述べ、主要な「バックボーン」ケーブルが標的とされたため、修理には時間がかかるかもしれないと警告しています。

Le Parisienは、Fresnes-en-Woëvre(ムーズ県)、MeauxとSouppes-sur-Loing(セーヌ・エ・マルヌ県)、Le Coudray-Montceaux(エソンヌ県)で地下ケーブルが被害を受けたと報じています。

「よくある隣の現場のショベルカーの打撃による局所的な切断ではなく、修理を複雑にするためにケーブルが両側で切断された 」と、ある匿名事業者は同誌に語っています。「数万本の光ファイバーケーブルの再融着が急務です。これは、何万本もの小さな光ファイバーケーブルに相当します。」

「この規模のこの種の事件は前例がない」と、あるセキュリティ関係者は匿名を条件にAFPに語っています。「これは初めてのことで、今のところ誰なのかは分かっていない。」

事業者のブイグテレコムとOrangeは、影響を受けていないとしています。2020年3月、Orangeのネットワークに使われている光ファイバーケーブルがパリ地方で意図的に切断されました。

5Gに関する陰謀めいた主張は、タワーマストへの攻撃に繋がっており、昨年、ニューヨーク警察の情報報告書は、陰謀論者や極右の白人至上主義グループが 「恐怖を煽り、重要なサービスを妨害し、米国内外で経済的損害を与えるために重要インフラを標的とすることが増えている 」と警告しています。

2020年初頭に国土安全保障省は、ABCが見た情報報告書の中で、「Covid-19の拡散と5G携帯電話ネットワークの拡張を結びつける陰謀論が、世界的に通信インフラに対する攻撃を煽っており、これらの脅威はおそらく通信従事者に対する暴力の誘発など、この病気の拡散が続くにつれて増加するだろう 」と書いています。

「暴力的な過激派は、ワイヤレスインフラが人間の健康に悪影響を及ぼし、Covid-19の拡散を助けると主張するオンラインの誤報キャンペーンを利用しており、その結果、同じ考えを持つ個人によって5Gインフラに対する攻撃を行うための作戦ガイダンスと正当性を共有しようとするグローバルな取り組みが行われており、その一部は既に米国のいくつかの州でセルタワーに対する放火や物理的攻撃を促しています。」

今月初め、英国のステイプルハーストでOpenreachのネットワークインフラに対する放火の疑いがあり、数千の家庭や企業がオフラインになりました。2020年には、英国人男性が人々にコロナウイルスを感染させた 5Gタワーと思い込んだVodafone 4Gマストに放火しています。

オーストラリアでは、5Gの電磁エネルギーが赤ちゃんに害を与え、地元のハチや昆虫、鳥に干渉するという(ありえないことですが)地元の懸念を受けて、3月にオーストラリアのマルムビンビーにあるTelstraのセルタワーが放火されています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。