• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

人気ゲーム「Roblox」が数日間にわたる障害に見舞われる

サーバー障害はChipotle社の巨額キャンペーンとは関係ないと主張

大人気のオンラインゲームプラットフォームおよびゲーム制作システムである「Roblox(ロブロックス)」のサーバーが長時間にわたって停止しています。

同社は、プラットフォームが停止した理由や復旧までのスケジュールについて明らかにしていません。障害は10月28日午後7時頃(米国東部時間)に発生しました。

「本日の障害に関する進捗があります。引き続き最新情報をお届けします。改めて、遅延についてお詫びします」 RobloxはTwitter上でこのように声明を発表しています。

「今回の障害は、プラットフォーム上での特定の動きやパートナーシップに関連したものではないことは判明しています」

後半のコメントは、サーバーがクラッシュする1時間前に、Chipotle社がRoblox内で100万ドル相当のブリトーを無料で提供するプロモーションキャンペーンを開始したことから、ファンが障害の原因がこの事ではないかとChipotle社を非難し始めたことを受けてのものです。

数億人のアクティブユーザーを抱えるRobloxは、もともとはシカゴにある1か所のデータセンターと、いくつかのクラウド契約により運営が行われていました。その後2017年に、同社はDropboxからダン・ウィリアムズ氏を招き入れ、ITシステムの改修を行い、データセンターとEdge Point-of-Presence(エッジPoP)の大規模ネットワークと、一部のクラウドプレゼンスを構築しました。この変革により、Robloxの稼働率は向上し、Covid-19パンデミックの間に人気が急上昇した際にも、その規模を拡大することができました。

この記事は現在もまだ進行中です。更なる事実が判明次第更新を行います。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。