TikTokオーナーByteDanceがAIチップ開発でBroadcomと協力

先進的AIプロセッサーはTSMCが製造

TikTokを所有する中国のByteDanceは、先進的なAIプロセッサを開発するためにBroadcomと協力しています。

ロイターによると、5nmのASICチップはTSMCによって製造され、米国の輸出規制に完全に準拠したものになるとのことです。このチップの製造は、今年中には開始されない見込みです。

チップ設計者のBroadcomと中国のByteDanceは、2022年以来協力しており、ByteDanceは以前、米国企業からTomahawk 5nm高性能スイッチチップとAIコンピュータクラスタ用のBaillyスイッチを購入しています。

中国は現在、米国政府による広範な制裁措置により、海外から合法的に先端半導体技術を購入することができません。しかし今月初め、ByteDanceは米国内のOracleからNvidiaの最も強力なプロセッサをレンタルすることで、米国制裁法の抜け穴を突いてアクセスすることができたことが報じられています。

ロイターはまた、ByteDanceがNvidiaのチップを備蓄しており、同社からハードウェアを購入するために2023年に20億ドルを確保しているとも述べています。これらのチップには、A100チップとH100チップに加え、Nvidiaが中国市場向けに特別に設計したが、後に制限されたA800チップとH800チップも含まれています。

ロイターは、この件に詳しい追加情報筋の話を引用しつつ、ByteDanceが昨年、HuaweiのAscend 910Bチップを購入していたことも報じました。

今年4月、バイデン大統領は、TikTokの地域事業の売却を強制する法律を可決しました。ByteDanceにはTikTokを売却するために9ヶ月の猶予が与えられましたが、この判決に対して法廷で争っており、口頭弁論が9月16日に開かれる予定です。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Caféが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。