blockchain

ブロックチェーンとカーボンクレジットで熱帯地域のデータセンターの持続可能性を高める

シンガポール通貨庁(MAS)の認可と規制を受けたデジタルグリーン取引所MetaVerse Green Exchange(MVGX)と、産業用AIのパイオニアである Red Dot Analytics (RDA)は、ブロックチェーンとカーボンクレジットを用いてデータセンターの開発と運用におけるより大きな持続可能性を実現するための戦略的協働を発表しました。RDAとMVGXの両社は、熱帯環境におけるデータセンターの二酸化炭素排出量を検証可能に測定・相殺し、データセンターの運用を持続可能な未来に向けて推進することを目指して協力します。

carbon credit

データセンターは、世界の温室効果ガス排出量の最大5%を占め、全電力消費量の40%を冷却システムが占めていると推定されています。しかし、企業や政府がネットゼロ達成に向けた幅広い取り組みの中で二酸化炭素排出量を相殺しようとするとき、データセンターのエネルギー消費は軽視されがちです。

シンガポールでは、データセンターが同国の電力消費量の7%を占めていると報告されています。この電力消費量の大部分は天然ガスに依存しており、環境への懸念が高まる中、2019年から新しいデータセンタープロジェクトのモラトリアムが開始されました。このモラトリアムは、パイロットプログラムの一環として2022年第2四半期に解除される予定ですが、シンガポール政府は、国全体の2030グリーンプランに沿った新しい効率化基準を導入することを決定しています。

このような背景から、RDAは重要なデータセンターインフラの持続可能性を強化するために、AIを活用したエンタープライズソリューションを提供し、企業がライフサイクル管理における温室効果ガス排出量をより正確に追跡できるようにします。NTUで開発された研究に支えられ、RDAは「認知デジタルツイン」技術を活用して実世界のシステムの仮想レプリカを作成し、大量のデータを取り込んで、物理システムに展開する前にシステムへの変更の影響をシミュレーションすることが可能です。RDAのDCWizにより、同社のコグニティブ・デジタル・ツイン・ソリューションはデータセンターの運用をデジタル化し、AIを活用した予測モデルを適用してエネルギー消費量を予測します。

NTUのコンピューターサイエンスとエンジニアリングの教授であり学長も務める Red Dot Analytics のチーフサイエンティスト、ウェン・ヨンガン博士は、このパートナーシップについて次のようにコメントしています。「これまであまりにも長い間、急速な技術革新と消費者行動の変化は、環境を犠牲にしてきました。自然エネルギーの利用や、よりエネルギー効率の高いハードウェアの生産競争が高まっていますが、実際には、よりインテリジェントな方法でエネルギーを利用する方法を見つける必要があり、それは正確な測定から始まります。RDAはパズルの1つを解決することができ、MVGXと協力することで、お客様のサステナビリティの旅を一歩前進させることで、我々の価値提案を強化したいと考えています。」

さらに、MVGX独自の非ファンジブルデジタルツイン技術(NFDT)を搭載したカーボン管理システムは、英国規格協会(BSI)のISO 14064-1:2018 Carbon Footprint VerificationおよびPAS 2060 Carbon Neutrality Verificationでカーボンニュートラルが信頼できる証明として、報告、計算、検証プロセスを通じてRDA顧客をサポートする予定です。これらの国際的に認められたカーボンフットプリント検証のゴールドスタンダードは、国際的な管理ベンチマークに従って確立されたものです。

MVGXは、より環境に配慮したデータセンター運営への取り組みを評価し、RDAを優先的データセンタープロバイダーの1つに指定し、世界中の顧客基盤にRDAと協力してデータセンター運営の持続可能性を高めるよう働きかけていきます。同時に、RDAはMVGXをグリーンデータセンターの資金調達のための優先プラットフォームとして指定し、検証可能な方法で二酸化炭素排出量を相殺するMVGXのソリューションの利用を顧客に推奨していきます。

MVGXの取締役会長兼共同創業者であるボー・バイは、次のように述べています。「企業がネットゼロの目標達成に向けて取り組む際には、自社の業務全体を考慮する必要があり、それは何よりもまず、自社の業務を動かすインフラから始まります。今日、データセンターはあらゆるオンライン組織の中核的な要素ですが、それは見過ごされがちです。RDAとの協力により、あらゆるレベルのエネルギー支出を実際に正確に計算し、軽減する方法があることを示したいと思います。RDAの高品質なエネルギー測定能力と、忠実かつ透明性の高いレポート作成に支えられ、サステナビリティへの取り組みを強化する企業に対して、より環境に優しいクラウドサービスを提供する機会を共同で模索していきたいと考えています。」

MVGXのカーボン・マネジメント・システムは、MVGXのカーボンニュートラル・トークン(CNT)によって支えられています。独自のプロトコルとブロックチェーン技術によって実現されたCNTは、非可溶性トークンの不変性とリアルタイムのデータ更新を組み合わせ、カーボンパフォーマンスの不変かつ継続的な更新記録を提供します。CNTは、パリ協定(COP21)の最も困難な側面の一つである、炭素クレジットの適切な検証および追跡能力に対応し、規模に応じたカーボンニュートラルが可能となり、ネットゼロ排出の世界的な目標が促進されます。2022年3月、MVGXはカーボン・マネジメント・システムにより、カーボンニュートラルな企業であることを証明し、世界で初めてトークン化したカーボンクレジットを用いてこれを実現した企業です。

Digital Infra Network ( Michael Nelson 記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。