Digital Realty、シドニーのデータセンターのエネルギー評価で4.5星を獲得

Digital Realtyは、シドニーのアースキン・パーク・データセンターのインフラにおいて、「NABERS Energy」の評価で4.5星を獲得しました。NABERSのエネルギー評価は、同社のアースキン・パーク・データセンターの運用データと定量データに基づいており、星の数が多ければ多いほど、パフォーマンスや環境面での成果が優れていることを示すとともに、オーストラリアのデータセンターの運用エネルギー効率を示すものです。

Data Gravity Index によると、シドニーは、2024年までにデータグラビティ の強度が4番目に早く増加すると予測されており、企業データの有力なパワーハウスとなることが期待されています。

同社のオーストラリア運用ヘッドのロッド・グローバーは以下のように述べています。「データセンターは、デジタル経済の根幹です。データセンターはデジタル経済の基盤であり、その持続可能な運営を確保することは、我々が真剣に取り組むべき責任です。当社は継続的な改善を行い、持続可能性のベストプラクティスを実施し、グローバルなデータ・コミュニティがつながる新しい時代を実現することを約束します」

Digital Infra Network (Elliot Robinson記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。