Huaweiのクラウド部門は前年同期比21.9%成長

Huaweiのクラウド・コンピューティング部門は、2023年度に前年比21.9%増の76億ドルに達しました。

最近発表された2023年度年次報告書によると、同社の事業全体の通年売上高は9.6%増加し、約973億ドルにまで成長しました。

クラウド部門は同社で最も伸長していますが、それでも2.3%成長したICTインフラ事業の6分の1以下に過ぎません。

Huaweiによると、同社は800以上の電子政府クラウドプロジェクトに取り組み、160の都市がデジタルインフラとサービスを単一のプラットフォームに統合するのを支援してきました。中国の大手銀行、保険会社、電子商取引、ゲーム、自動車メーカーなどの顧客と協力してきたとのことです。

中国国外での同社の成功に関する詳細な情報は限られていますが、同社は2018年の業績として、アフリカ南部で現地データセンターを運営する初のクラウドサービスプロバイダーとなったことを発表しています。

Huaweiは、中南米で最も多くの拠点を持つクラウド・サービス・プロバイダーであり、タイでは政府機関向けプロジェクトを展開していると述べています。Huaweiは合計で30地域、84のアベイラビリティゾーン(AZ)で事業を展開しています。

これに対し、AWSは33リージョン、105のアベイラビリティゾーンで事業を展開しており、2023年のクラウド収益は908億ドル、Google Cloudの第4四半期は92億ドル、Microsoftの第4四半期は258億ドルでした。

Huaweiの胡厚崑(Hu Houkun)輪番CEOは、年次報告書の冒頭で次のように述べました。 「Huaweiは広範なICT技術を構築しており、ハードウェア、ソフトウェア、チップ、デバイス、ネットワーク、クラウドにまたがる戦略的シナジーを強化しながら、研究開発に多額の投資を続けていきます。」

同氏 はさらに、同社が過去3年間「計り知れない困難」に直面してきたことを指摘しながらも、「科学技術と顧客のニーズという2つの核となる原動力に基づいて革新を続けていきます。この間、製品とソリューションの競争力を確保するため、年間売上高の20%以上を研究開発に投資してきました」と付け加えました。

こうした課題の中には、Huaweiが中国政府と緊密な関係にあることによって、多くの国から「ハイリスク・ベンダー」のレッテルを貼られていることがあります。

Huaweiは今年初め、エジプトにクラウド・コンピューティングリージョンを建設することを発表しました。同社はまた、中国本土以外では初となるAIクラウド・コンピューティング・センターを香港に計画しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。