Supermicroがハイパースケールクラウド向けサーバを発表

Supermicroは、ハイパースケーラー専用の新しいサーバラインアップを発売しました。

同社の声明によると、新しいMegaDCサーバはコンポーネント数を削減し、配電やバックプレーンの設計が最適化されているといいます。

詳細

MegaDCは、管理用のOpenBMC、アドバンスI/Oモジュール、一般的な冗長電源などのオープンスタンダードをサポートします。

Supermicroの社長兼CEOのCharles Liang氏は、次のように述べています。「MegaDCサーバは、導入時間を短縮し、1ワットあたりのパフォーマンスと1ドルあたりの最適なパフォーマンスを出せるよう最適化されている。」

「大規模データセンターでは、上向きの需要だけでなく時折下向きの課題によりリードタイムが長くなることがよくあります。Supermicroは、この新MegaDCサーバの適切な在庫を維持し、こうした需要変動の懸念を軽減する。」

SupermicroのMegaDC 2U GPUサーバ – Supermicro

MegaDCの発表には、大規模クラウド環境向けの2つの1Uシステムと3つの2Uシャーシで構成される5つの新しいX11マザーボードシステムが含まれます。

すべてのMegaDCシステムは2つの第2世代Intel Xeonスケーラブルプロセッサ、16個のメモリスロット、AIOMスロット、デュアル25Gイーサネットポート、およびOpenBMCをサポートします。

2Uシャーシは、複数のダブル幅あるいはシングル幅のGPU構成に対応できる機械学習プラットフォームとしても提案されています。

たとえば、汎用GPUアプリケーション用の「2つのフルレングス、ダブル幅(x16)GPUカード」、AIアプリケーション用の「5つのロープロファイル、シングル幅GPUカード」、あるいは「2つのフルレングス、ダブル幅(x16)」や「2つの薄型、シングル幅GPUカード」などがあります。

Data Center Dynamics

原文はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください