Lenovo、DellがCovid-19の中でコスト削減を発表

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)パンデミックとロックダウンに伴う業績悪化を受け、コスト削減を発表するテクノロジー系企業は増加しており、LenovoやDellも例外ではありません。

この両社は、サプライチェーンの混乱、需要の減少、そして不確実な未来を見ました。

これは長い年になるだろう

「 今日のあらゆるビジネスと同様、我々は、長期的な競争力を確保するうえで、特定地域における経費削減を含め、当社のコスト構造管理を継続していく。」と、Lenovoの広報担当者はCRNに対しコメントしました。しかし同社はコストカットの性質を明らかにしていません。

一方、Dellは、残りの会計年度での昇給と新規採用を凍結し、マッチングプログラムに基づく従業員の401K退職金制度への拠出を打ち切ります。

「減速と回復の形を予測することは困難だが、我々がすべきは、ビジネスを慎重に管理し、この状況を反転させ、強い立場になることだ。」とDellの最高執行責任者ジェフ・クラーク氏が従業員に伝えていたと、ブルームバーグは報告しています。

「継続する経済の不確実性を考慮し、我々はチームの強化と会社の将来を維持する為、別の苦渋の決断をした。」

この動きは、IBMの数千人規模の従業員解雇の開始や、HPEの今後3年間の給与と雇用削減の発表に続く流れです。

– shutterstock

Data Center Dynamics

原文はこちら