• Covid-19
  • 新型コロナ関連特設ページ

DC事業者が新型コロナの影響で想定しておくべき事【特集】

現在の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)パンデミックは、これまでに直面したことのない脅威です。それは生活、企業、そしてより経済全体に計り知れない影響を与えるでしょう。データセンター業界は幸運なセクターの1つではありますが、依然として重大な課題、財務リスク、そして不確かな未来に直面しています。

これが米国とヨーロッパ地域における契約や建設にどのように影響するのか?DCDは、新型コロナウイルスの影響に関する進行中の一部の動きについて、Eversheds Sutherland(法律事務所)の弁護士に話を聞きました。

建設の不確実性

クラウドサービスの成長は既に高く、特に会議やメッセージング分野では、成長が加速しています。データセンター構築プロジェクトは、予定通りに工程を完了する必要に迫られていました。 建設工事の継続が問われている中、これらのプロジェクトの多くに対する圧力は高まっています。

「私たちはヨーロッパ各国の政府が建設現場での作業に制限を課すのを息を殺して待っていた。そして、それが重要インフラに拡大していくのかどうかを。」英国に拠点を置く EvershedsのパートナーのMark Chester氏はDCDにこう語っています。

– shutterstock

国家が急速に進展する状況に対処するように、規制や制限措置は日々変化しています。3月26日の終わりにChester氏と会話した際、不確実性は深刻でした。「イギリスで昨夜(3月25日)、建設現場での活動の中止について何か発表されるだろうと予想していた。」とChester氏は言います。

「しかし、その発表はなかった。発表がなかった理由は、イギリス政府がある種の区別について非常に慎重に考えているからだと思う。」つまり、当局はどのプロジェクトが不可欠で、作業進行を許可すべきかを定義したいと考えているようです。

来年以降に大規模プロジェクトの作業を一時停止することは理にかなっているとChester氏は言いますが、「サイトの請負業者に対し、今後数か月で完了できるデータセンターの施工を中止させるのは、少し無謀のように思える。」

Covid-19が引き起した需要の急増について強調し、「我々のハイパースケールクライアントの1社が今週初め、オンラインビデオ会議サービスの新規加入者が1日あたり300万人も増加している、と私たちに話していた。」

そのため、ハイパースケーラーは容量を増加させるためにあらゆるレバレッジを活用しています。「今年が納期のサードパーティが運営するデータセンターにおいて、ハイパースケーラーにより予約や先買権などが行使される可能性がある。彼らは現在、行使を行おうとしているのです。」

北米地域では、「私たちは現在継続中の建設プロジェクトを持っている。」と、法律事務所の米国データセンター業務責任者であるRob Plowden氏はDCDに語っています。

「DC事業者である私のクライアントは、進行中の建設プロジェクトについて心配している。サプライヤーや部材の不足が発生するだろうと考える中、彼らはどのように運用を継続していくかについて懸念している。」

安全第一

これはすべて、実際の危険を背景に起ります。建設会社は、可能な限り現場スタッフを保護するために運用手順を変更しました。彼らは一時停止勧告に対し交渉する準備をしていますが、直接命令があった場合は作業を停止する必要があることも十分に認識しています。

– shutterstock

それが政府の命令である場合、契約費用と遅延の一部をカバーすることができるかもしれません。 Chester氏は言います。「勧告は必ずしも不可抗力な出来事ではありませんが、政府から作業中止の指示が出た場合、作業者は施設の建設やデータセンター内でのエンジニアリング作業を中止する必要があります。それは、突然不可抗力な出来事になるのです。」

建設契約における不可抗力の条項では、制御不能な状況が発生した場合に請負業者が作業を一時中断することができるとしています。問題は、巨大なハイパースケール顧客とのコロケーション契約の多くが、この不可抗力による遅延に関し要求できる数に上限値があることです。

「1つの極端な例として、一般的に60〜90日の猶予を持たせているその他の妥当なエンドユーザーに比べ、ある巨大なグローバル・ハイパースケーラーは契約を打ち切る条件として、不可抗力イベントに対し、請負業者が主張できる時間を最大24時間までと課している。」

しかし、これらハイパースケール顧客の需要はすでに高く、またその作業を行える能力を持つ請負業者は少なく、政府が建設工事を禁止すると、他に介入できる業者はなくなります。Chester氏は、これらハイパースケーラーがこのような契約打ち切り権利を行使する可能性は低いと考えています。「それは、鼻を切り落として自分自身の顔を虐めるようなものだ。」と彼は言います。「彼らは依然としてより早くスペースを必要としている。そして、最終的に起きてほしいと思っている事は、契約のフェイルオーバーです。」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。