Africa Data Centres、ナイジェリアのラゴスに10MWのデータセンターを建設へ

Africa Data Centres(ADC)は、ナイジェリアの首都ラゴスにデータセンターの建設を計画しています。

Africa Data CentresのCEOであるStephane Duproz氏によると、10MWの施設の建設は「順調に進んでいる」とのことで、第1フェーズは2021年半ばに稼働する予定です。

施設の冷却には非飲料水を使用し、グリッドへの依存度を相殺するために太陽光エネルギーを活用する予定であると同社は述べています。

「この地域はデジタル化に飢えており、当社のハイパースケール顧客が西アフリカにデジタル化ソリューションを展開する道を切り開く、Africa Data Centresのラゴスでの10MWのデータセンター建設は順調に進んでいる」とDuproz氏は述べています。

現在、ADCは、南アフリカのヨハネスブルグとケープタウン、そしてナイロビのキーナに施設を保有しています。そしてアフリカ大陸で更なる多くの施設が計画されています。

アフリカデータセンター協会(ADCA)とXalam Analyticsのレポートによると、アフリカ大陸の需要を満たし、大陸の他の地域を南アフリカと同等の密度にするためには、1000MWの容量、そして700のデータセンター施設が必要であると報告されています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。