AirTrunkがシドニー第2ハイパースケールデータセンターを開設

ハイパースケールデータセンター 事業者のAirTrunkは、オーストラリアのシドニー北部に第2データセンターSYD2を開設しました。

今回の開設は最初のフェーズ分であり、全体の4フェーズ全てが完了すると、新データセンターの総容量は110MWになります。35週間で構築されたフェーズ1の建設工事には、延べ2,800人以上が動員され、40万時間の労働時間が費やされました。

リアルタイム気象データ分析をもとに効率的な冷却を実現

2019年に発表されたこの新施設の完成により、AirTrunkが持つ既存の130MWウエストシドニー施設と130 MWメルボルン施設を加え、オーストラリア全体での同社の総容量は370MW超となりました。同社は現在、合計5棟のデータセンターを保有しています。2020年12月には香港とシンガポールにデータセンターを開設し、現在は東京で大型施設の開発が進められています。

「アジア太平洋地域全体で、デジタル経済の成長を支援するために、我々はハイパースケールデータセンターキャンパスを迅速に提供していく」とAirTrunkの創設者兼CEOのRobin Khuda氏は述べています。

「SYD2はAirTrunkの最先端データセンターのすべての特徴を備えており、我々は世界中の顧客が現在そして将来必要とする規模とサービスを提供できる良い立場にいる」

施設には専用の200MVA 132kV変電所が併設され、100%の稼働率が可能であり、また電力使用効率(PUE)は1.15であると同社は主張しています。

また、冷却については、リアルタイムの気象データ分析を使用して効率を最適化するソリューションを使用しており、また、従来の冷却ソリューションよりも年間の水消費を90%削減すると主張しています。

「AirTrunkは持続可能性の推進に取り組んでおり、チームはデータセンターの効率改善を目指し、絶えず革新を続けている」とCTOのDamien Spillane氏は述べています。「我々はSYD2のようなハイパースケールデータセンターを設計している。これは、従来のオンプレミスデータセンターよりも大幅にエネルギー効率が高く、総排出量と環境への影響を抑制する」

2020年、Macquarie Asia Infrastructure Fund 2(MAIF2)が主導し、公務員年金投資委員会(PSP Investments)を含むコンソーシアムが、AirTrunkの過半数株式を取得しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。