• 設計/建築
  • BUILD - 世界各地のデータセンター建設情報

Chief Telecom、台北に4番目のデータセンターを建設

台湾の通信事業者であるChief Telecom(チーフテレコム)は、台湾の台北市に新たなデータセンターの建設を行うと発表しました。

同社の4番目の施設となるLY2は、2階建てで床面積が5,000平方メートル(53,800平方フィート)、そして1,800ラックが収容される予定です。この新施設は、2023年末までに運用が開始される予定です。

新施設は、マグニチュード7の地震に耐えられるように建設されており、また「スマートでグリーンな建築コンセプト」が採用されています。

ゼネラルマネージャーのLiu Yaoyuan氏は、声明の中で、同社は新たなChief Connectivity Intelligence eXchange (CIX)についても計画をしていると補足しました。

世界の半導体生産の主要拠点である台湾は、最近、水不足や干ばつに苦しみ、需要が高まる中、国内のチップ生産への影響が生じています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。