DigitalBridge、最先端データセンターに3,000万ドルを投じる

Stonepeakが支援するデジタルインフラ・プラットフォーム・プロバイダーのDigitalBridge Groupは、オーストラリア地方への進出を目指し、Leading Edge Deter Centersに3000万ドルを投資することを発表しました。

Australian Finance Reviewの報道によると、主要都市以外にエッジデータセンターを建設するために3年前に設立されたLeading Edgeの資金調達額は、 Washington H. Soul Pattinson の基金2000万ドルを含め、今回の投資で6000万ドルに達しました。Leading Edgeの創業者兼CEOクリス・ソープ氏は、DigitalBridgeが昨年初めて500万ドルを投資し、オーストラリアではまだ新しい地域のデータセンター分野で深いグローバルな経験をもたらしたと述べています。

「私たちは、ここオーストラリアで市場を創り出そうとしています。今はまだ存在しない市場です。Edgeは、今後12〜24ヶ月の間に、顧客の需要が高まると予想しています。現在すでに複数のサイト、複数のロケーションを利用するクライアントが登場しており、アンカーテナントの構築が始まっているのです」。

Leading Edge創業者兼CEOクリス・ソープ

さらに同氏は、今後3年間でニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州で20以上のデータセンターを建設する予定であることも明らかにしました。Leading Edgeの戦略は、人口5万人以上の地方都市のインフラに近い3000平方メートルから4000平方メートルの敷地に、Titan 75 (ラック375kWモジュール)のTier 3データセンターを建設することです。

ニューサウスウェールズ州での構築

ニューキャッスル、タムワース、ダボ、アルベリーはすでに稼働し、ネットワークも完備しています。ニューサウスウェールズ州のコフスハーバーとワガワガでは、3ヵ月以内に完成する予定で建設中です。

「7月末までには、ニューサウスウェールズ州の主要なハブ施設が完成し、ネットワークが稼働する予定です。7月末には、ニューサウスウェールズ州の主要なハブ空港が完成し、ネットワークが稼働する予定です」とソープ氏。

「例えば、タムワースに重要なITインフラがある場合、ダボでディザスターリカバリーを行うことができるのです。」

LEASED

Leading Edgeは、現在18の拠点を運営しており、そのうち3拠点は自社で所有しているという。他の用地は、平均40年のリース契約となっており、さらに多くの用地が計画中です。

「もちろん、この12ヶ月で地方の土地の価格はかなり上昇しましたが、幸運なことに、私たちは土地バンクの大部分を確保しているのです。残り数件を残すのみです。」

最新の購入地はバンダバーグで、ロックハンプトン、マッカイ、ケアンズといったクイーンズランド州の海岸沿いにネットワークを構築するというリーディング・エッジの戦略の最南端である。「他にも地方にいくつか候補地があります」とソープは言います。

また、ビクトリア州でも準備作業が進んでいます。「7カ所で、DA認可や電力接続のためのカウンシルと様々な段階を踏んでいるところです。クイーンズランド州の拠点も、同じように建設のパイプラインに組み込まれています。

「現在では、複数の拠点を並行して運営することができる規模になっています。一応の展開は決まっていますが、お客様の要望に応じて変更することもあります。」

地域の顧客からのサポートも増えており、Leading Edgeの顧客ベースの約30%を占めると予想されます。「残りは国内企業です。残りの顧客は国内企業です。通信事業者、インターネットサービスプロバイダー、小売サービスプロバイダーなど、地方で事業を立ち上げたいと考えている人たちです」。

この動きは、DigitalBridge GroupがAMPのインフラ管理事業を4億6200万ドルで買収したことに続くものです。また最近、DigitalBridgeはPCCW Ltd.のデータセンター事業を7億5000万ドルで買収しています。

W.Media (VENKATENESH)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。