FPT Telecom、ベトナム最大のデータセンター建設を開始

ベトナム発のデータセンターニュース

ベトナムを拠点とするFPT Telecomは、今週、であるホーチミン市の9区のテクノロジービジネス開発パークにて新たなデータセンターの建設を開始しました。

新施設は10,000平方メートル、約3,600ラック収容と十分なスペースが提供されます。データセンターはLEEDとUptime Tier III認証を取得する予定だと同社は主張しています。

ベトナム国内でベトナム国民のデータを保持

FPTは独自のクラウド基盤を開発しており、同社はこれを使用することでベトナム国内企業はデータの海外送信を恐れずに運用できるようになると述べています。新データセンターは、クラウド基盤を実行するために必要なインフラ容量を達成するための鍵である、と同社は述べています。

FPTの会長Hoang Nam Tien氏は起工式の席で、次のように述べていました。「ベトナム最大のデータセンターを利用することで、ベトナム国内のデータを海外に保存せずベトナム国内に留まらせることが出来るようになる。」

– shutterstock

「ニーズを満たし、マーケットを促進するために、FPT Telecomは、インフラ基盤、アプリケーション、管理、および情報セキュリティの移行を目指す組織や企業をサポートするために投資を行い、クラウドサービスと新データセンターの建設を開始した。」

竣工はいつ?

式典中、データセンター建設を受託された建設会社のデルタグループのCEO Nguyen Thanh Vinh氏は、「これは高品質のプロジェクトであるだけでなく、予定どおりに完了すると確信している。」と述べていました。 建設プロジェクトは2021年第1四半期に完了が予定されています。

FPT Telecomは現在2か所の大規模データセンターを保有していますが、ハノイとホーチミンに2か所の新データセンターを開設する予定で、それぞれ第1フェーズで1,250ラック、1,000ラック規模となる予定です。

Data Center Dynamics

原文はこちら