マイクロソフトがシカゴElk Groveでデータセンター建設を開始

マイクロソフトが、シカゴ近郊のElk Grove Villageで1億2300万ドル規模のデータセンターキャンパスの建設を開始しました。

Elk Groveテクノロジーパーク内の37エーカーの区画には、最終的に合計400,000平方フィート(37,000平方メートル)となる3棟のデータセンター施設が収容され、そこでマイクロソフトのAzureやその他のクラウドサービスがサポートされます。シカゴのJournal&Topicsニュースサイトの報道によると、マイクロソフトは2020年1月に5200万ドルで土地を購入し、8月に建設を申請したとしています。パークは、シカゴのオヘア空港近くにあり、10億ドルを掛けて開発され、Brennan Investment Groupが所有し、不動産大手のCBREが独占販売代理店となっています。

Data Center Dynamics

原文(全文)はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。