• 電気/冷却
  • 最新の電気・冷却効率化の取り組みを紹介

AWSのダブリンDCが新しい地域暖房計画に貢献

サウスダブリンの公共施設、オフィス、住居の暖房を支援

ダブリンに最近完成したAWSの データセンター は、サウス・ダブリン地区評議会(South Dublin District Council’s:SDDC)の新しく設立された地域暖房会社Heatworksにリサイクル熱の供給を行います。

熱交換器を介して加熱された水形態の熱は、HeatNetと呼ばれるEUのInterreg NWEプログラムから財政的支援を受けて設立された非営利企業に対し無料で提供されます。Heatworksは、ダブリン南西部のタラト地区でTallaght District Heating Network(タラト地域暖房ネットワーク)を運営しています。

ホットスタッフ

この計画では、来年末までには低炭素熱の供給を開始し、2024年には47,000平方メートルの公共施設、3,000平方メートルの商業オフィススペース、135棟の「手頃な」アパートに向けて低炭素熱を供給します。この恩恵を受ける建物は、SDDCの郡庁舎、市民センター、ダブリン工科大学、タラト郡図書館などです。

サウス・ダブリンはアイルランドにおける主要なデータセンターハブになっていますが、この計画が他にどのようなインプットを業界から得られるかは明らかではありません。国有電力会社は最近、業界の急速な成長により予想される電力需要の倍増に対応するために、この地域に電力供給源の追加を余儀なくされました。

AWSデータセンターからの排熱は、 ホットアイル から排出され、熱交換器を通過します。熱交換器は、データセンターを冷却すると同時に、Heatworksが運営する近くのヒートポンプに送られる水を加熱します。

近年、データセンターの排熱をより有効活用し、データセンターの持続可能性を向上させようとする計画がいくつも開発されています。例えば、Blockheating社のコンテナ型エッジデータセンターは温室を暖めるのに利用されます。ただし、地域暖房については、データセンターのサーバが生成する熱を再利用する方法に留まっています。

本来、2018年に考案されたタラト地域暖房スキームは、アイルランドではこの手の初の計画でした。この計画では二酸化炭素排出量を年間1,900トン弱削減することを見込んでいます。Heatworksは、フィンランドのエネルギー供給会社Fortumと契約して、地域暖房ネットワークの設計、設置、そして管理を行っています。

地域暖房は、理論的には、従来の発電所が単に排出する熱を回収する熱電併給(CHP)プラントで熱と電気を同時に生成できるため、個々の家で暖房するよりも効率的です。組織はネットワークでも貢献し、効率を向上させます。

地域暖房スキームは世界中で広く展開されてはいませんが、スカンジナビアの一部(ノルウェーを除く)、ドイツ、オーストリアで人気を博しています。地域暖房は、旧ソビエト連邦や共産主義の東ヨーロッパ諸国全体でも実施されており、通常は石炭あるいは天然ガスのCHPプラントを動力源としています。しかし、住民はしばしば当局が冬に暖房を起動するのを待たなければなりません。

一方、アイスランドでは、95%の住宅が地域暖房サービスで暖房されていますが、地熱スキームによるものです。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。