可視光通信

– shutterstock

人の目に見える可視光線帯域の電磁波を用いた無線通信の一種であり、全ての照明が、高速変調可能なLED照明や有機EL照明に置き換わることで「照明が通信インフラになる」、という社会応用面からの点で注目され実用化が推進されています。

生体に影響がない電磁波であるため他の機器に影響を与えることがないため、昨今はデータセンター内での使用例も増えてきています。




« Back to Glossary Index

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。