中国、Nvidiaの69億ドル規模のMellanox買収を承認

中国当局は先週、Nvidiaによる69億ドル規模のMellanox Technologiesの買収を承認しました。

Mellanox Technologiesの買収については1年以上も前に発表されており、既に米国やEUの規制機関による承認はなされていました。契約は4月27日までに完了すると思われます。

閉鎖的

中国は過去にも主要な取引を妨害し ていたため、中国の承認はNvidiaにとって最大のハードルと見なされていました。2年前、チップメーカーのクアルコムは、NXPセミコンダクターズの440億ドルの買収において、中国規制当局の承認を得ることができませんでした。

Nvidiaの創設者兼CEOのJensen Huang氏は、買収が発表された時点で、「AIとデータサイエンス、および数十億もの同時接続ユーザなど、世界のデータセンターに対する需要が急増している。」と語っていました。

「この需要に対処するには、インテリジェントなネットワーク・ファブリックを介して膨大な数の高速コンピューティングノードを接続し、巨大なデータセンター規模のコンピューティングエンジンを形成する包括的なアーキテクチャが必要となる。」

– shutterstock

Mellanoxの創設者兼CEOのEyal Waldman氏は、「我々はNvidiaと同じ高速コンピューティングのビジョンを共有している。我々2社の合併は、長年のパートナーシップの自然な延長線上として生まれ、そして我々共通のパフォーマンス主導の文化に素晴らしくフィットしている。」

この買収は、Nvidiaの歴史上最大規模のものでした。

Data Center Dynamics

原文はこちら