Facebook、インドReliance Jioの株式57億ドルを取得へ

Facebookは、通信事業者Reliance Jio Infocommの持ち株会社であるJio Platformsの9.99%の株式取得を予定しています。

この4,357億インドル(約57億円)の取引により、Facebookは、最大の市場であるインドでの足がかりの強化を可能としました。本取引は規制当局および慣例の承認を条件としています。

インド最大の携帯電話会社

「これは、テクノロジー企業による少数株主への投資としては世界でも最大規模であり、インドのテクノロジー分野では最大規模の海外直接投資である。」と、Jioは声明で述べています。
「この投資により、商用サービスの開始からわずか3年半で、Jio Platformsはインドの株式時価総額上位5社の価値となった。」

2016年9月にローンチされたJioは、Reliance Industries部門がモバイルデータ料金を激安で提供したことで、現在3億8800万人以上のユーザーを抱えています。これにより、同社は多額の負債を抱え、投資を必要とすることになりました。

「世界中のコミュニティがロックダウン(封鎖)される中、起業家の多くは、顧客を探し、コミュニケーションを取り、ビジネスを成長させるための頼りになるデジタルツールを必要としている。」とマーク・ザッカーバーグはFacebookの投稿で述べています。

– shutterstock

「これは我々が助けになれることだ。インドの人々や企業が新たな機会を生み出すのを支援するために、我々はJioと提携する。」 先月初めて報じられた両社の話し合いは、実は新型コロナが発生する前から始まっていました。

Facebookは、WhatsAppのメッセージング・プラットフォームをReliance RetailのJioMartと組み合わせる計画をしています。このプラットフォームは、ユーザーが自宅から近くのレストランを探したり、商品やサービスを注文したりするのに役立ちます。

ロイター通信は3月、GoogleもReliance Jioの株式取得を検討していると報じましたが、その協議は初期段階でした。昨年、Jioはマイクロソフトと、今後10年かけてインド全土にAzureデータセンターを建設するために提携しました。

JJioがパートナーを選んだことで、インドからイタリアまでのBlue-Raman(ブルーラーマン)ケーブルを建設するプロジェクトなど、Googleが自社の通信インフラに投資するようになったのではないかとの見方が出ています。「発表当時、Jioがインドで非常に強力な存在だったので、Googleは窮地に陥っているように見えた。」と業界の専門家であるSunil Tagare氏は彼のブログに書いています。しかし、Jioは、Googleが世界の海底ケーブル業界の中で政治的に非常に精通し、10年以上もの間、何十億ドルも費やしていることを把握していませんでした。

Data Center Dynamics

原文はこちら