Vantage DC、投資ラウンドで更に12億5000万ドルを調達

Vantage Data Centersは、Digital Colonyが主導する資金調達ラウンドで、既存投資家から12億5,000万ドルの追加資金を調達しました。

この資金は、北米とヨーロッパでのVantageの拡張プロジェクトで使用されます。この資金注入は、今年初めに行われたDigital Colonyや他投資家らによる13億ドルの投資に続く動きとなります。

グローバル展開

Vantageにとって多忙な一年の中で、同社は最近、ドイツのフランクフルトに旗艦キャンパスを開設しました。最終的に3棟合計で55MW容量の提供が予定されている同キャンパスの第1フェーズ工程を完了し、そして7月にはNext Generation Data(NGD)の英国ウェールズ施設の買収を完了しました。また、米国では、バージニア州北部とシリコンバレー地域で合計68MW規模の施設拡張工事を進めています。

ハイパースケールデータセンター の需要は引き続き堅調である、そしてこの増資により、Vantageはサスティナブル(持続可能)な大規模キャンパスのグローバル展開を加速することができる」Vantage Data CentersのCFOを務めるSherif Metwalli氏はこのように述べています。

「この増資は、Vantageの戦略的成長計画に対する投資家の継続的なコミットメントを表している」

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください