Mah SingがBridge Data Centresと提携し、サウスビル・シティにMah Sing DCハブを開設

マレーシアのMah Sing Groupは、世界有数のデータセンターサービスプロバイダーであるBridge Data Centresと提携し、Mah Sing DC ハブ@サウスビル・シティを開設し、データセンター分野への初参入という重要な節目を迎えました。このパートナーシップは、マレーシアのデジタルインフラを強化し、地域の技術革新と経済成長を促進することを目的としています。

Mah Sing Groupは、サウスビル・シティに150エーカーの土地を確保し、大手データセンター・ハブへの拡張を計画しています。BDCとの提携により、このプロジェクトでは、必要な承認や計画許可の確保を含め、最先端のデータセンター施設やインフラの設計・開発を行っています。クアラルンプール市中心部からわずか19キロという戦略的な立地にあるサウスビル・シティは、この大規模開発をサポートするのに不可欠なインフラを備えた成熟した街です。

提携契約は、Mah Singの不動産子会社のCEO、Benjamin OngとBDC社長のEric Fanによって調印されました。調印式には、マレーシア副首相兼エネルギー転換・水質転換大臣(PETRA)のY.A.B Dato’ Sri Haji Fadillah Yusof、Mah Singの創業者でCEOのTan Sri Dato’ Sri Leong Hoy Kum、BDCのAPACソリューション担当副社長のPatrick Pngが出席しました。

Dato’ Sri Fadillah Yusof副首相は、次のような声明を出し、この新規事業を称賛しました。「Mah SingとBDCのこの合弁イニシアチブは、マレーシアのデジタルトランスフォーメーションのアジェンダと経済成長に沿ったもので、アジア太平洋地域におけるデータセンター投資の主要地としてのマレーシアの地位を強化するものです。これはまた、マレーシアの戦略的かつ支援的な環境に対し、投資家が強い信頼を置いていることを反映しています。(中略)スマートグリッドの確立や再生可能エネルギーの推進など、マレーシア政府の積極的な政策やインセンティブは、このイニシアチブをさらに強化するものです。イノベーションを促進し、実質的な経済機会を創出することで、このプロジェクトは高所得国への歩みを加速させ、この地域をリードするデジタル経済国としての地位を確固たるものにするでしょう。」

BDC社長のEric Fanは、次のように述べました。「高品質でスケーラブルなデータセンターに対する需要の高まりに後押しされ、マレーシアでの事業拡大が成功したことに感激しています 。Mah Singの包括的なアプローチにより、規制要件を遵守し、最高水準を維持しながら、将来のあらゆる需要を満たすことができると確信しています。マレーシアの優れたインフラ、熟練した労働力、地理的優位性を活用することで、当社は、お客様にトップクラスのデータセンターサービスを提供することを目指しています。このイニシアチブは、アジア太平洋地域におけるデジタルハブとしてのマレーシアの重要性が高まっていることを強調するだけでなく、マレーシアの発展を支援するBDCの主導的地位を強化するものです。」

また、Mah Singの創業者でCEOのTan Sri Dato’ Sri Leong Hoy Kumも、プロジェクトの戦略的重要性を強調し、次のように述べました。 「サウスビル・シティは、ブキット・ジャリルとサイバージャヤとの三角地帯に戦略的に位置し、データセンター・ハブとして理想的な場所です。このような配置により、この地域はマレーシアのデジタル変革と技術進歩の中心的な力となっています。この事業はMah Singにとって戦略的転換を意味し、従来の不動産開発以外の収益源を多様化するものです。データセンター市場に参入することは、当グループが市場変動の中でより強靭な財務基盤を確立するために極めて重要です。経常収入の拡大に重点を置くことで、不動産開発の周期性に伴うリスクを軽減し、持続可能で不況に強いビジネスモデルを構築することを目指しています。サウスビル・シティだけでなく、セランゴール州セパンのMSS Business Parkなど、Mah Singの他のランドバンクも、TMのモリブに建設予定の新しいケーブル陸揚げ局に近く、同様のデータセンター・コラボレーションの可能性を秘めています。今回の拡張は、長期的な成長と継続的な収益機会のために資産を活用するという当社のコミットメントを強調するものです。」

Mah SingとBDCの提携は、近代的で技術的に進んだハブとしてのサウスビル・シティの評判を大幅に高め、マレーシアのデジタル経済の旅における極めて重要なマイルストーンとなります。アジア太平洋地域全体で強力なプレゼンスを持ち、世界有数の民間投資会社であるBain Capitalの支援を受けるBDCは、業界における豊富な経験とリソースを活用し、ハイパースケールデータセンターサービスに対する需要の高まりに応えています。このパートナーシップは、さらなる投資を呼び込み、雇用機会を創出し、サウスビル・シティをダイナミックなハイテク・ビジネスセンターへと成長させる触媒となることでしょう。

W.Media ( Hazel Moises 記者)より抄訳・転載

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.jpeg

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。