• HOME
  • ニュース
  • 市場調査
  • データセンターの火災検知および抑制市場ー展開場所別、製品別および地域別ー世界の見通しおよび予測2020ー2025年

データセンターの火災検知および抑制市場ー展開場所別、製品別および地域別ー世界の見通しおよび予測2020ー2025年

プレスリリース

SDKI Inc.は、「データセンターの火災検知および抑制市場ー世界の見通しおよび予測2020ー2025年」新レポートを 2021年03月11日に発刊しました。この調査には、データセンターの火災検知および抑制市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。

レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

データセンターの火災検知および抑制市場は、2020ー2025年の間に4.5%のCAGRで成長すると予想されます。ガス状消火システムの人気の高まり、消火システムの革新、および ハイパースケールデータセンター の成長は、市場の成長に牽引するいくつかの要因です。

世界の火災検知および抑制装置市場は、世界中のいくつかの施設に高性能コンピューティングインフラストラクチャを組み込みにより成長すると予想されています。サーバー仮想化の革新の増加と人工知能ベースのサーバーの採用により、火災、熱、煙の検出器、警報、抑制システムなどの安全製品の需要が高まっています。高ラック電力密度の施設には、損傷を回避するために初期段階で火災または煙を検出できる高度な熱および煙検出装置とクイック火災抑制システムが必要です。これにより、冗長なアラームおよび安全ソリューションが導入され、今後数年間で成長が促進される可能性があります。

プレスリリース全文(PR TIMES)はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。