南米のモジュラー型データセンター市場の成長に注目

Business Wireの調査により、南米のモジュラー型データセンター市場の詳細な分析、現在の動向、将来の予測が示され、直近の投資先が明確になりました。

迅速な導入が可能なデータセンターモジュール、つまりモジュール型データセンターは、データ処理能力の配備を支援する携帯型データセンターです。データセンターの容量は拡張可能で、冷却や電源のオプションも充実しています。

この報告書によると、モジュール型データセンターのターゲット顧客は、過密状態のデータセンター所有者や、巨大なモバイルコンピューティングパワーを必要とする軍事、Web 2.0プロバイダー、物理研究所、政府、金融機関、緊急救援組織、災害復旧プロバイダーなどであるとしています。また、ラックスペースが節約できるため、IT環境の密度を高めることができるなど、さまざまな利点があります。

迅速な導入と拡張が可能なデータセンターに対する需要の高まりが、南米のモジュール式データセンター市場の成長を促進しています。また、中小企業によるクラウドサービス導入の急増、グリーンデータセンターに対する需要の高まり、エネルギー効率の高いデータセンターに対する需要の急増など、さまざまな要因が市場の成長に大きく寄与しています。

さらに、COVID-19パンデミックで高度なデータセンターを開発するための投資が増加したことも、市場の成長を大幅に後押ししています。しかし、モジュール型データセンターの輸送に関連する課題や、ベンダーの囲い込みが市場の成長を妨げています。一方、コロケーションプロバイダーによるモジュラー型データセンターの需要の急増や、第4世代データセンターの出現は、近い将来、同市場に潜在的な成長機会を提供すると期待されています。

またモジュール型データセンター市場は、コンポーネント、企業規模、業種に基づいてセグメント化されていることが報告されています。コンポーネント別では、市場はソリューションとサービスに分類されます。企業規模別では、小企業、中企業、大企業に分類されます。業種別では、BFSI、IT・通信、小売、製造、ヘルスケア、エネルギー、メディア/エンターテインメント、政府、その他に分類されています。国別では、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、チリ、ペルー、ウルグアイ、その他南米に分析されています。

南米のモジュラー型データセンター市場で事業を展開する主要企業には、CenturyLink、Dell、エクイニクス、Flexenclosure AB、Gemelo、IBM、Huawei 、Cisco、HPE、Vertiveなどがあります。

Digital Infra Network (Michael Nelson 記者)より抄訳・転載

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Digital-Infra-Network-Banner1-1024x311.png

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。