大学の研究者がエネルギー効率に優れた半導体技術を開発

オーストラリア国立大学(ANU)の研究者らは、原子レベルの薄さの半導体を用いて、極めて高いエネルギー効率でデータを伝送するシステムを開発しました。この画期的な技術は、現在のデバイスよりも消費電力の少ない次世代のコンピューターやスマートフォンにつながる可能性があります。

今回の開発は、紙の約10万分の1の薄さである1原子の半導体に、電子と電子ホールが結合した電子である「エキシトン励起子」を光と混ぜ合わせることで実現しました。

この新しい省エネ半導体技術は、熱を出さない、つまりエネルギーを無駄にしないことで、より少ない電力で動作させることができるという高い可能性を示している。

研究チームは、この原子レベルの薄さの半導体の中で、コンピューターのデータを運ぶ粒子である情報キャリアを室温で効率的に運ぶことに初めて成功しました。これは、将来のコンピューターやスマートフォンを作るために必要な第一歩です。研究チームはこの技術が、世界中の科学者が直面している課題である無駄なエネルギー消費を抑えることで、コンピューターの持続的な成長への道を開くことができると期待しています。

ANU物理学研究所のMatthias Wurdack教授は、「コンピュータは世界中で利用可能な電力の約10%をすでに使用しています。この数字は経済的にも環境的にも大きな負担となっており、コンピュータの需要増加に伴い、10年ごとに倍増すると予測されています」と述べています。「推定によると、私たちのコンピューティングデバイス、インターネット、データセンター、その他のデジタル技術は、世界の温室効果ガス排出量の少なくとも2%を占めており、これはCovid以前の航空業界と同様です。」

Digital Infra Network (Elliot Robinson記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。