欧州のDC事業者は、2040年までに水の使用量を1kWhあたり400mlに削減

CNDCP加盟企業が欧州委員会に水使用量の制限を提案

欧州のデータセンター事業者は、欧州委員会に対し、2040年までに水の使用量をコンピュータの電力1kWhあたり最大400mlに削減することを表明しました。

この提案は、欧州のデータセンター部門の90%を含む事業者のグループであるClimate Neutral Data Center Pact(気候中立協定:CNDCP)が欧州委員会に提出したものです。CNDCPは、欧州委員会が課す規制を必要とせず、2050年までに気候変動に対する中立性を確保するというEU全体の目標を自主的に達成することを計画しています。

CNDCPは、気候変動に左右されない大陸を目指すというEUの決定を受け、2021年に結成されました。すべての産業がこの目標に向けて取り組むことが求められ、データセンター部門は独自の、より野心的な目標を設定することにしました。Pactは、ヨーロッパのデータセンター業界が2030年までにカーボンニュートラルを達成し、EUの目標期日までに水や廃棄物など他の環境への影響を排除することを約束しました。

水は通常、エネルギー使用よりも後に注目されてきました。多くの施設では水冷や蒸発冷却技術を使用しており、施設で直接使用するエネルギーは削減できますが、そこで使用する水は増加する可能性があります。

CNDCPの発表によると、「多くの地域で水ストレスが高く、増加しているため、データセンター業界は水の使用を軽減するために行動することが極めて重要です。」

同グループは、EUの技術・環境総局(DG CNECTおよびDG ENV)と6カ月ごとに会合を開いています。第3回の進捗会議でCNDCPは、データセンターの水消費量の制限を含む、水使用に関する指標を提案しました。

同グループの提案は、約12年前からある基本的な考え方であるWUE(water usage effectiveness)に基づいており、サイトでのIT電力1kWhあたりの水使用量を測定しています。

CNDCPは署名した74のデータセンター事業者すべてが、2040年までに0.4l/kWh(または400ml/kWh)の制限値に到達するとしています。

「0.4l/kWhという制限値の提案は、多様な技術、気候、データセンターの建物の種類を考慮し、この指標が技術と場所に中立であることを保証するものです」

2040年というタイムスケールは、既存の冷却システムのライフサイクルを考慮したものです。既存の冷却システムが耐用年数を迎える前に全面的に交換することは、炭素コストが発生するため、益となるよりも害となる可能性があります。CNDCPによると、ヨーロッパでは、制限を満たさない給水塔を持つ新しいデータセンターは建設されないといいます。

ローレンス・バークレー国立研究所の2016年の調査では、米国のデータセンターの平均WUEは、データセンターの敷地内総エネルギー使用量1kWhあたり1.8リットルであったため、CNDCPの目標は野心的なものに見えます。ただし、使用する指標に違いがある可能性もあります。

その他の基準作業

CNDCPは、水使用に関する提案と並行して、約束されたホワイトペーパーに詳述されている他のいくつかの測定基準を提案しています。

その中には、データセンターの性能に関するISO/IEC 30134規格にマッピングすることで、独自の測定基準を規格に合致させることも含まれています。このマッピング作業は、独立監査法人であるビューローベリタスが行う予定です。

CNDCPは、水使用だけでなく、リサイクルや循環型経済というさらに難しい問題にも取り組む準備を進めています。CNDCPには2つのワーキンググループがあり、2022年11月に開催される欧州委員会との次回会合で共有できるアイデアを持つ予定です。この会合を受けて、Pact は、循環型経済の一環としてリサイクルと再利用の目標を定めるワーキンググループと、エネルギー効率の指標を定めるワーキンググループを新たに設置しました。これらの作業部会はすでに作業を開始しており、2022年11月に予定されている欧州委員会との次回更新会議で進捗状況を報告する予定です。

Pactの議長であるサイラスワンのMD EuropeであるMatt Pullenは、「欧州委員会との2年に1度の更新会議は今回で3回目ですが、私たちは本当に良い方向に向かっていると感じています」と述べています。「欧州のデータセンター容量の90%以上がPactの加盟企業で占められており、この会議は欧州のグリーンディールおよびデジタルアジェンダにとって重要な旅のマイルストーンとなります。」

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。