【イベント】データセンターのエネルギー効率化を語る!北東アジアデジタルウィーク2022年6月2日開催

スポンサード

日本はアジア太平洋地域の中でも成熟したデータセンター市場のひとつとして知られており、2026年にはデータセンターの価値が100億米ドルに達し、2021年から2026年にかけて7%の年平均成長率で成長すると予想されています。

さらに2030年度までに温室効果ガス排出量を46%削減し、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという目標に向けて、エネルギー供給構造の大きな変化が予想されています。

これはデータセンター業界にどのような影響を与えるのでしょうか。どのようなエネルギー効率化イノベーションが必要になるのでしょうか。

北東アジアデジタルウィーク(Digital Week Japan) 2022では、データセンター業界を大きく変える動きと、それが日本国内および北東アジアのデータセンターエコシステムへ与える影響について、様々な観点からご紹介します。

W. Mediaのデジタルウィークは、北東アジアだけでなく東南アジア、南アジアなどでオンラインやリアルで展開されているデータセンター&クラウド特化型のイベントです。今年3月に実施した東南アジアのデジタルウィークは、オンタイム+オンデマンド合わせて4000人のデータセンター関係者に視聴頂いており、参加者はアジア全域、さらに北米や中近東にも及びます。

日本向けイベントは2022年6月2日15時開始!イベントの詳細・お申込みはこちらのリンクから。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。