• エッジ
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

AWS、米コロラド州デンバーにローカルゾーンを開設

AWSが米国コロラド州デンバーにローカルゾーンのエッジ拠点を開設しました。

「ローカルゾーン」は、エンドユーザーやオンプレミスに対し1桁ミリ秒のレイテンシーを要求するアプリケーションをホストするエッジ拠点として機能します。

「本日、デンバーでAWS Local Zonesの一般提供を発表します。お客様は、この新しいローカルゾーンを利用し、デンバー都市圏のエンドユーザーやオンプレミス拠点に1桁のミリ秒のレイテンシーを要求するアプリケーションを提供できるようになりました」同社はこのニュース発表の短い声明の中でこのように説明しています。

同社は、既存データセンターを持っていないが、人口が集中しているエリアの近隣で、レイテンシーに敏感なアプリケーション向けに(コンピュート、ストレージ、データベースなどの)厳選されたサービスを提供しています。各ゾーンは、特定の親リージョンの「子」であり、そのリージョンのコントロールプレーンによって管理されます。US West(オレゴン州)が、デンバーローカルゾーンの親リージョンとなります。

2019年に初めて発表されたロサンゼルス・ゾーンでは、同社は昨年、同市内に2か所目のゾーンを追加しました。そして今年に入ってからも5か所ゾーンを開設し、今後も更に追加が予定されています。

AWS Local Zonesは、現時点でデンバーのほかに、ボストンダラス、デンバー、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミフィラデルフィアで一般公開されています。

2021年には、アトランタ、シカゴ、カンザスシティ、ラスベガス、ミネアポリス、ニューヨーク、フェニックス、ポートランド、シアトルと、さらに9か所のローカルゾーンの提供が開始される予定となっています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。